ニュース

欧州男子オランダオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 オランダオープン
期間:10/09〜10/12 場所:ヒルバーサム、ヒルバーサムシュGC(オランダ)

スコットランド代表のA.フォーサイスなど3人が首位!

2003年の欧州ツアー第36戦『オランダオープン』が、オランダのヒルバーサムにあるヒルバーサムシュGCで開幕した。先週米国で「WGCアメックス選手権」が行われ、次週には「ワールドマッチプレー選手権」が開催される。その合間の試合にあたるため、今週はメジャーどころの選手は出場を見合わせている。

初日首位に立ったのは、6アンダーをマークした3人。ウェールズのジミー・ドナルドソン、アイルランドのゲーリー・マーフィー、そしてスコットランドのアラステア・フォーサイス。ドナルドソンは8バーディを奪ったがボギーが2つ、マーフィーとフォーサイスはノーボギーの安定したゴルフを見せている。

<< 下に続く >>

フォーサイスは、11月に米国サウスカロライナ州で開催される「WGCワールドカップ」にスコットランド代表として出場することが決まっている。コリン・モンゴメリーなど実績ある選手が多いスコットランドからポール・ローリーと共に選出された。フォーサイスは、昨年マレーシアンオープンでツアー初優勝を果たし、今シーズンも2位が2回に3位が1回とまずまずの成績を残している。

首位と1打差の5アンダー4位には、イングランドのデビッド・カーターとデビッド・リン。さらにスウェーデンのフレデリック・ウィドマークの3人が並んでいる。カーターとリンの両デビッドは、仲良く12番パー5でイーグルを奪っている。

注目の地元オランダ勢は、ステファン・ステイヒルが4バーディ、ノーボギーの7位と健闘し、マーテン・ラフィバーが6バーディ、3ボギーの3アンダーで13位につけている。期待されたロバートジャン・ダークセンは、12番パー5でイーグルを奪ったが、14番でトリプルボギーを叩くなど出入りの激しいゴルフで1オーバー78位と出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 オランダオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!