2021/11/06マイナビABC選手権

堀川未来夢と石坂友宏が首位並走 1打差3位に浅地洋佑

が1打差3位。11アンダー5位で重永亜斗夢、稲森佑貴、谷原秀人が続いた。 賞金ランキング1位の木下稜介、ランク3位の星野陸也、ランク4位の金谷拓実が、杉山知靖、小林伸太郎とともに10アンダー8位。 ペクとともにトップから出た香妻陣一朗は8アンダー17位に後退した。
2021/08/28KBCオーガスタ

S.ビンセントが首位キープ 重永2位、石川は3位に浮上

、「69」で通算13アンダーとして首位を守った。通算12アンダーの2位には、ノーボギーで、上がり3連続を含む6バーディを奪った重永亜斗夢が12位から浮上した。 通算11アンダーの3位グループには、この
2021/04/19東建ホームメイトカップ

テレビ視聴率は3.5% 金谷拓実Vの男子21年初戦

> 20年 ―― 新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止 19年 2.9% ブレンダン・ジョーンズが逆転でツアー15勝目 18年 7.8% 重永亜斗夢がツアー初V 石川遼1打差 17年 2.2% 梁
2020/11/21ダンロップフェニックス

ルーキー石坂友宏と大槻智春が首位タイで最終日へ 金谷拓実1打差

4バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、通算11アンダー3位。木下稜介が通算10アンダー4位で続いた。 前週「三井住友VISA太平洋マスターズ」を制した香妻陣一朗は重永亜斗夢と並んで、通算6アンダー15位につけた。 石川遼は「67」で回り、通算5アンダー17位で3日目を終えた。
2020/08/08

松田鈴英&堀川未来夢が優勝 男女ペアマッチ

。フォアサム(2人が1つのボールを交互に打つ)方式の後半では中里光之介&脇元桜ペア、重永亜斗夢&大里桃子ペアと並んで迎えた17番(パー3)で松田がティショットをピンそば5mにつけ、バーディパットを堀川が沈めて
2020/07/09

松田鈴英、藤田光里、脇元華らがペアマッチで対戦/チャリティ

プロ(ペア)> 堀川未来夢+松田鈴英 浅地洋佑+堀琴音 星野陸也+金澤志奈 時松隆光+吉田優利 香妻陣一朗+香妻琴乃 出水田大二郎+堀奈津佳 重永亜斗夢+大里桃子 塩見好輝+藤本麻子 中西直人+脇元華 中里光之介+藤田光里 梅山知宏+吉野茜
2020/01/23

新選手会長に時松隆光 石川遼が新設ポストでバックアップ

隆光 副会長/石川遼、池田勇太、小鯛竜也 理事/宮本勝昌、小田孔明、深堀圭一郎、宮里優作、市原弘大、竹谷佳孝、重永亜斗夢、中西直人、今平周吾、堀川未来夢、星野陸也、ブレンダン・ジョーンズ、スンス・ハン 監事/佐藤信人
2019/11/30カシオワールド

小林伸太郎は2打差2位で最終日へ 首位にクウェイル

ホストプロ石川遼は8バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「67」でプレー。川村昌弘、浅地洋佑、重永亜斗夢、同ランキング2位ショーン・ノリス(南アフリカ)と並んで通算10アンダー7位とした。 2年連続の賞金王を目指す同ランキング1位の今平周吾は59位で最終日を迎える。
2019/11/07HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

宮本勝昌が首位タイ発進 石川遼は出遅れ95位

を主戦場としている平塚哲二が池田勇太、重永亜斗夢、木下稜介らと並んで1打差の4アンダー5位タイにつけた。 賞金ランキング1位の今平周吾はイーブンパー47位、ランク2位のチャン・キム(米国)は前週優勝の
2019/08/31KBCオーガスタ

重永や時松の後輩 地元のアマチュア2人が予選通過

◇国内男子◇RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 2日目(30日)◇芥屋ゴルフ倶楽部(福岡県)◇7103yd(パー72) 重永亜斗夢や時松隆光らを輩出した地元・福岡の沖学園ゴルフ部で
2019/08/23セガサミーカップ

3分ルール違反を懸念 谷口徹が自主棄権

からプレーできない」と、谷口は翌2日目のスタート前に自ら棄権を宣言した。 同組で回った重永亜斗夢は「ちゃんと測っている人がいたわけじゃないし、絶対に3分を超えたっていう確証はない。個人的には問題ないと
2019/07/06日本プロ

思い出の地で躍動 重永亜斗夢が2打差5位

◇国内メジャー第2戦◇日本プロゴルフ選手権 2日目(6日)◇いぶすきゴルフクラブ 開聞コース(鹿児島県)◇7212yd(パー70/71) 重永亜斗夢が8バーディ、1ボギーで回り、今季の自身…
2019/07/06日本プロ

石川遼ら3人が首位 最終日は2009年以来の36ホール

重永亜斗夢が、前週優勝の星野陸也、時松隆光、松原大輔と並んで通算8アンダー5位とした。 前年覇者の51歳・谷口徹は「65」をマークし、通算5アンダーで前日96位から17位に浮上した。賞金ランキング
2019/05/04中日クラウンズ

日本ツアールーキーのカーミスが首位 1打差2位に宮本勝昌

(韓国)。通算6アンダーの5位に重永亜斗夢とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が続いた。 アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)は首位に2打差の8位からスタートし、2バーディ、3ボギーの「71」でプレー。出水田大二郎、今平周吾らと並ぶ通算3アンダーの12位に後退し、首位とは6打差に開いた。