2019/08/31KBCオーガスタ

重永や時松の後輩 地元のアマチュア2人が予選通過

◇国内男子◇RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント 2日目(30日)◇芥屋ゴルフ倶楽部(福岡県)◇7103yd(パー72) 重永亜斗夢や時松隆光らを輩出した地元・福岡の沖学園ゴルフ部で
2019/08/23セガサミーカップ

3分ルール違反を懸念 谷口徹が自主棄権

からプレーできない」と、谷口は翌2日目のスタート前に自ら棄権を宣言した。 同組で回った重永亜斗夢は「ちゃんと測っている人がいたわけじゃないし、絶対に3分を超えたっていう確証はない。個人的には問題ないと
2019/07/06日本プロ

思い出の地で躍動 重永亜斗夢が2打差5位

◇国内メジャー第2戦◇日本プロゴルフ選手権 2日目(6日)◇いぶすきゴルフクラブ 開聞コース(鹿児島県)◇7212yd(パー70/71) 重永亜斗夢が8バーディ、1ボギーで回り、今季の自身
2019/07/06日本プロ

石川遼ら3人が首位 最終日は2009年以来の36ホール

重永亜斗夢が、前週優勝の星野陸也、時松隆光、松原大輔と並んで通算8アンダー5位とした。 前年覇者の51歳・谷口徹は「65」をマークし、通算5アンダーで前日96位から17位に浮上した。賞金ランキング
2019/05/04中日クラウンズ

日本ツアールーキーのカーミスが首位 1打差2位に宮本勝昌

(韓国)。通算6アンダーの5位に重永亜斗夢とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が続いた。 アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)は首位に2打差の8位からスタートし、2バーディ、3ボギーの「71」でプレー。出水田大二郎、今平周吾らと並ぶ通算3アンダーの12位に後退し、首位とは6打差に開いた。
2019/04/21東建ホームメイトカップ

B.ジョーンズが逆転でツアー15勝目 小田孔明は3位

の「68」でプレーし、通算13アンダー3位。5年ぶりのツアー9勝目、2010年以来の大会3勝目を逃した。 通算12アンダー4位に貞方章男、パク・サンヒョン(韓国)、比嘉一貴の3人が並んだ。 昨年の賞金王・今平周吾は通算7アンダー18位。前年覇者の重永亜斗夢は通算4アンダー37位で終えた。
2019/04/20東建ホームメイトカップ

小田孔明とD.オーが首位で最終日へ 1打差3位に出水田大二郎

プレーし、首位に1打差の好位置につけた。 通算8アンダー4位に岩田寛、比嘉一貴ら6人が並んだ。4位から出た貞方章男は「72」とし、通算7アンダー10位に後退した。 昨シーズン賞金王の今平周吾は通算2アンダー45位。前年覇者の重永亜斗夢は通算1アンダー52位とした。
2019/04/18東建ホームメイトカップ

池田勇太が2打差4位 首位に貞方章男とD.オー

)の5人が並んだ。5アンダー9位に香妻陣一朗、中西直人、藤田寛之ら6人が続いた。 前週の海外メジャー「マスターズ」(予選落ち)から帰国し、強行出場する今平周吾は2アンダー35位。昨年覇者の重永亜斗夢
2019/04/16東建ホームメイトカップ

男子ツアーが国内初戦 石川遼は腰痛のため欠場

・名古屋で開幕する。1月にシンガポールで開催された「SMBCシンガポールオープン」以来、約3カ月の期間を経て本格的なシーズンを迎える。 前年大会は重永亜斗夢が通算12アンダーで逃げ切り、ツアー初優勝を飾った
2019/01/04

石川遼は選手会長2年目 副会長に今平周吾と池田勇太

活動に期待を寄せた。 <2019年度ジャパンゴルフツアー選手会理事・監事> 会長/石川遼 副会長/池田勇太、今平周吾 理事/深堀圭一郎、宮本勝昌、藤田寛之、小田孔明、近藤智弘、宮里優作、重永亜斗夢、市原弘大、片岡大育、竹谷佳孝、堀川未来夢、秋吉翔太、Y.E.ヤン、I.J.ジャン 監事/貞方章男
2018/12/26ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったシャフトは?/国内男子

セイシリーズ6勝(同) 出水田大二郎、星野陸也、池田勇太ら 藤倉ゴム工業 スピーダーシリーズ6勝(+3) 秋吉翔太、稲森佑貴ら グラファイトデザイン ツアーADシリーズ5勝(-9) 重永亜斗夢、谷口徹
2018/12/24ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったドライバーは?/国内男子

キャロウェイとテーラーメイド。4月「東建ホームメイトカップ」で優勝した重永亜斗夢は「キャロウェイ GBB エピック スター ドライバー」を使用し「弾きがよくて飛ぶ。打感が硬くない感じ。キャロウェイは硬く
2018/11/27日本シリーズJTカップ

今平周吾とノリスの賞金王争い決着 宮里優作は連覇に挑む

同組プレーが決まった。 今季初優勝を挙げた重永亜斗夢、秋吉翔太、出水田、星野陸也、木下裕太ら初めて大舞台への出場権をつかんだ選手たちにも注目だ。 <出場全30選手> 今平周吾、ショーン・ノリス、稲森
2018/11/25カシオワールド

最後の1枠「30人目」に滑り込み 石川遼が2年ぶり最終戦出場

、Y.E.ヤン、秋吉翔太、重永亜斗夢、木下裕太、ハン・ジュンゴン、ブラッド・ケネディ、藤本佳則、堀川未来夢、岩田寛、キム・ヒョンソン、アンジェロ・キュー、イ・サンヒ、谷口徹、額賀辰徳、小平智、石川遼、ラヒル・ガンジー、出水田大二郎、宮里優作、イム・ソンジェ
2018/11/08VISA太平洋マスターズ

秋吉翔太が首位発進 松山英樹17位、石川遼は出遅れ

2打差をつける6アンダーの単独首位で飛び出した。 4アンダーの2位にパク・サンヒョン(韓国)。3アンダーの3位に今季は予選通過1回と賞金シード喪失の危機にいる薗田峻輔、額賀辰徳、重永亜斗夢
2018/10/19ブリヂストンオープン

石川遼が2打差5位 イ・サンヒは単独首位キープ

から出た石川遼は5バーディ、1ボギーの「67」でプレー。通算7アンダーで賞金ランクトップの今平周吾、ブリヂストンスポーツと契約する片岡大育、重永亜斗夢らとともに5位で大会を折り返した。 前年覇者の時松