2019/08/21CATレディース

渋野日向子不在の箱根 前年初Vの大里桃子が連覇狙う

は前年覇者の大里、今季1勝の河本結と同組になった。賞金ランキング1位のジエ(韓国)は右手首痛のため今大会を欠場。同ランク6位の鈴木としては少しでも勝利を積み重ねたいところだ。 21日に31歳の誕生日
2019/08/21小林至のゴルフ余聞

渋野フィーバーと世界の中の日本女子ツアー再考

輩出してきたこともあり、続けとばかりに有望なゴルファーが次々と現れるし、この20年で30ものメジャー優勝を獲得したゴルフ大国=韓国から来たギラギラした若手や、ジエのような世界レベルの選手がいて、切磋
2019/08/18NEC軽井沢72

穴井詩がPO制し3勝目 渋野日向子は3位

アンダー5位にジエ(韓国)と上田桃子の2人。通算10アンダー7位に2週連続優勝を目指したペ・ソンウ(韓国)と小祝さくらが並んだ。 前年覇者の黄アルム(韓国)は通算9アンダー9位に終わった。
2019/08/14NEC軽井沢72

渋野フィーバーが本州上陸 避暑地・軽井沢で熱戦

が国内ツアー復帰戦。 現在賞金ランキング2位につける渋野のほか、ジエ、イ・ミニョン(ともに韓国)、河本結、上田桃子、成田美寿々、原英莉花らランク上位陣も揃い踏みだ。前週「北海道meijiカップ」で
2019/08/10北海道meijiカップ

渋野日向子は5打差9位で最終日へ 首位にペ・ソンウ

(韓国)、濱田茉優の4人が続いた。 11位から出た渋野日向子は3バーディ、1ボギーで2日連続の「70」とし、通算4アンダーの9位で決勝ラウンドに進んだ。元世界ランキング1位のジエ、今季ツアー初優勝を飾っ
2019/08/10北海道meijiカップ

【速報】渋野日向子は前半を1ボギー 通算1アンダーで後半へ

。後半に巻き返しを図る。 5ホールを終えたアン・ソンジュが通算6アンダーの首位。ジエ(4ホール終了)と鈴木愛(5ホール終了)という実力者が1打差で追っている。 【速報】渋野日向子は3連続パーでスタート
2019/08/09北海道meijiカップ

渋野日向子は3打差11位発進 5アンダー申ジエ首位

◇国内女子◇北海道meijiカップ 初日(9日)◇札幌国際CC島松コース(北海道)◇6531yd(パー72) 獲得賞金ランキングでトップを走るジエ(韓国)が1イーグル3バーディ、ボギーなしの「67
2019/08/09北海道meijiカップ

【速報】渋野日向子は1オーバー50位で後半へ

た。 テレサ・ルー(14ホール終了)、ジエ(9ホール終了)が3アンダーで首位に立っている。 ※編注:「【速報】小雨の中でティオフ 渋野日向子はボギー発進」を差し替えました
2019/07/21サマンサタバサレディース

小祝さくらが初V「優勝すると強く思いながら」

を流すこともなく、笑顔でホールアウトした。 人生で嬉し涙を流したことはないが、前年9月「ゴルフ5レディス」のプレーオフでジエ(韓国)に敗れたときには涙を流した。1998年4月~99年3月生まれの
2019/07/17サマンサタバサレディース

豪華イベント盛りだくさん 有村智恵が連覇に挑む

2勝目を挙げ、賞金ランキング2位につける渋野日向子、同4位のイ・ミニョン(韓国)、6位の上田桃子、7位の勝みなみらがエントリーした。 ランク上位のジエ(1位)、鈴木愛(3位)、河本結(5位)、原英莉
2019/07/17サマンサタバサレディース

豪華イベント盛りだくさん 有村智恵が連覇に挑む

2勝目を挙げ、賞金ランキング2位につける渋野日向子、同4位のイ・ミニョン(韓国)、6位の上田桃子、7位の勝みなみらがエントリーした。 ランク上位のジエ(1位)、鈴木愛(3位)、河本結(5位)、原英莉
2019/07/17サマンサタバサレディース

豪華イベント盛りだくさん 有村智恵が連覇に挑む

2勝目を挙げ、賞金ランキング2位につける渋野日向子、同4位のイ・ミニョン(韓国)、6位の上田桃子、7位の勝みなみらがエントリーした。 ランク上位のジエ(1位)、鈴木愛(3位)、河本結(5位)、原英莉
2019/07/12ニッポンハムレディス

タイの19歳ランクンが単独首位 1打差に河本結

後退した。 2週ぶりに参戦した同ランク3位の鈴木愛はイーブンパー37位。北海道出身の菊地絵理香は1アンダー27位、小祝さくらと藤田光里は2オーバー52位で予選を通過した。 賞金ランクトップのジエは、第
2019/07/09ニッポンハムレディス

鈴木愛が2週ぶり参戦 大会は今年から4日間競技

(韓国)、賞金ランクトップを走るジエ(韓国)もエントリーした。4月「オーガスタナショナル女子アマ」で3位のアマチュア安田祐香(大手前大)は6月「宮里藍サントリーレディス」以来の出場となる。北海道出身の小祝さくら、菊地絵理香、藤田光里らの活躍も注目される。
2019/07/07資生堂レディス

渋野日向子「戻った笑顔」で同世代3人目の複数回V

・ミニョン(韓国)をプレーオフで破った。今季開幕前の期待値は高くなかった20歳が、ともに同学年の畑岡奈紗、勝みなみに続き3人目の国内複数回優勝者となった。賞金ランキングはジエ(韓国)に次ぐ2位(約