2011/11/20ダンロップフェニックストーナメント

武藤俊憲が逆転で2年ぶりV!松山は43位

ラウンドが中止となり54ホールの短縮競技となった今大会。首位と4打差の4アンダー6位タイから出た武藤俊憲が最終日に9バーディ、1ボギーの「63」を叩き出し通算12アンダーとして今季初勝利、2009年の
2012/08/19関西オープンゴルフ選手権競技

18番で決めた!武藤俊憲が完全優勝 池田勇太は4位

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技最終日◇泉ヶ丘カントリークラブ(大阪府)◇6929ヤード(パー71) 通算16アンダーの単独首位から出た武藤俊憲が最終ラウンドを6バーディ、4ボギーの「69
2007/03/26プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちのオフトーク<谷口徹と武藤俊憲>

日ごろから憎まれ口ばかり叩いているが、それも愛情の裏返しだ。谷口徹には、武藤俊憲が可愛くて仕方ない。だからこそ、口調もきつくなる。 昨年、武藤がツアー初優勝。しかし「そんなん、勝ったうちにも入らない
2016/07/11日本プロ選手権 日清カップ

終盤に無念の失速 武藤俊憲「メジャーの壁ではない」

「メジャーの壁ではない」。武藤俊憲は一瞬、語気を荒げてそう言った。北海道クラシックGCで行われた国内男子メジャー「日本プロ日清カップ」最終日に、3打差の単独首位から出て「66」。だが、上がり3ホール
2015/06/28ISPSハンダグローバルカップ

3年ぶり6勝目 武藤俊憲が見せた意地と笑顔

山梨県のヴィンテージゴルフ倶楽部で開催された国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」最終日。「68」で回った武藤俊憲が通算14アンダーの首位で並んだアンジェロ・キュー(フィリピン)との2
2012/08/02WGCブリヂストンインビテーショナル

モンスター攻略 ~ファイヤーストーンCC16番パー5~

にプレーをするのであればそんなに難しくはない。2オンは狙えない、絶対に池まで届かないクラブで第2打も打つから大丈夫。それよりも18番のティショットのほうが気になる」 ■武藤俊憲 「僕はさほど問題ないと
2006/05/29プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの舌なめずり<武藤俊憲>

マンシングウェアオープンKSBカップでツアー初優勝をあげた武藤俊憲が、楽しみにしていることがある。それは、6月に開催されるマンダムルシードよみうりオープンで、谷口徹に食事をごちそうになること。 大会
2011/11/21GDOEYE

大逆転の武藤俊憲「勝っちゃいました」

海外から豪華な招待選手がやってくる「ダンロップフェニックストーナメント」。2011年大会を制したのは日本の武藤俊憲だった。日本人選手がこの大会を制するのは、中嶋常幸、尾崎将司、片山晋呉、横尾要
2006/08/07プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの小さな悩み<武藤俊憲>

初のメジャー戦、全英オープンは残念ながら予選落ちしたが、「せっかくの機会だから」と決勝ラウンドも残ってゲームを観戦し、5位タイにつけた谷原秀人と同じ便に乗って帰国した武藤俊憲。 イギリスのヒースロー
2015/05/14日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯

前年覇者がお手本 ゆったりスイングの武藤俊憲が2位発進

武藤俊憲が4連続バーディ締めのラストスパートで「64」(パー71)をマークし、首位と1打差の7アンダー2位スタートを決めた。 「今日はショットが良かった」と、尻上がりに冴えが増したショットで後半インに
2013/10/03コカ・コーラ東海クラシック

武藤俊憲が2位発進 3試合で5本目のドライバー

国内男子ツアー「コカ・コーラ東海クラシック」の初日、武藤俊憲が4バーディ、1ボギーの3アンダーをマークした。首位と1打差の2位タイにつけて、2008年大会以来2度目の大会制覇に向けて好スタートを切っ
2012/08/17関西オープンゴルフ選手権競技

武藤俊憲が単独首位をキープ 薗田が追走

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技2日目◇泉ヶ丘カントリークラブ(大阪府)◇6929ヤード(パー71) 初日7アンダーの好スタートを切った武藤俊憲が、この日は6バーディ、ノーボギーの「65」と
2010/10/16日本オープンゴルフ選手権競技

【GDO EYE】つぶやきながらスコアを伸ばす武藤俊憲

国内男子のメジャー第3戦「日本オープンゴルフ選手権競技」の3日目に3ストローク伸ばして、通算9アンダーの単独2位に浮上した武藤俊憲。2番でピン手前2.5mのバーディパットを外したが、5番パー5は3打
2008/10/05コカ・コーラ東海クラシック

武藤俊憲がツアー2勝目!池田勇太は池に泣く

た。 通算8アンダー首位タイでスタートした武藤俊憲と池田勇太の2人が、一歩も譲らぬ激しい戦いを演じる中、1打差の通算7アンダー3位タイからスタートした片山晋呉、谷口徹はスコアを崩し優勝争いから脱落して