ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

御殿場グリーンの苦い思い出 武藤俊憲はリベンジ誓う

2017/11/11 18:42


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目(11日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

4アンダーの18位タイから出た武藤俊憲が6バーディ、1ボギーの「67」をマークし、通算9アンダーとして7位に浮上した。単独トップのスンス・ハンとは5打差。2シーズンぶりとなる通算7勝目へ、持ち前の爆発力がもう一度必要とされる。

最終18番(パー5)、武藤は1.5m弱のバーディパットを丁寧に沈めた。「過去にあれくらいのパットが…というのがありましたね」。御殿場には苦い思い出がある。3年前、曇り空の下での同大会の最終日。1打差を追って迎えたこの18番で、絶好のバーディチャンスを外してデビッド・オーにタイトルを譲った。

「もちろん覚えている。あれくらいのパットを入れ続けていかないと、上には行けない。そこが課題」。今大会の初日もそうだった。ピンが手前に切られた15番ホール、第2打をエッジギリギリにキャリーさせて見事にピンそば1.5mにつけながら、「いろいろ考えすぎて」バーディパットを外した。

そんな小さな反省の連続を生かし、この日は序盤2番からショットで作った短いチャンスを確実に決めて2連続バーディ。「久しぶりに良いゴルフ。3日間良いのは(最近)あまりないので」とアンダーパーを並べ、最終日に逆転可能なポジションを勝ち取った。

例年、調子の上がるシーズン終盤戦。前週の「平和PGMゴルフ」では初日2位発進を決め、「“秋口の武藤”ですから」と胸を張ったが、2日目に「78」、3日目「83」で後退した。「あまりデカい口をたたくと、『何が秋口の武藤やねん』って言う人がひとり(谷口徹)いるので…。教育的指導が入ります」と苦笑いする。

「だから、(今週は)じわじわ行きたい」。ホールアウト後、パターをキャディバッグから引き抜くと、練習グリーンでは2mあまりのパットを繰り返していた。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。