2020/09/11日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

プロデビュー戦 “プラチナ”澁澤莉絵留2位浮上に「びっくりです」

みんなに気持ちを引っ張ってもらって、モチベーションも結構プラスになりました」。仲が良い後藤とは、春先に鹿児島県でトレーニング合宿をしたという。 もちろんメジャー大会も初出場だが、無観客の雰囲気にも助け
2020/09/09日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

プレッシャーからの解放? 昨年のプロテスト組はリラックス

」と、プロ初のメジャー大会に備えている。 昨年のプロテストでは1打届かず不合格となった後藤。プロ“仮登録”の身だが、「ここに来たから嫌だとも思わないし、逆にリベンジできたらって前向きです」と明るい
2019/06/25

和久井と西郷が首位発進 安田は10位/日本女子アマ

「64」をマークして首位に立った。 7アンダー3位に古江彩佳、6アンダー4位に後藤、上野菜々子ら6人が続いている。 今年の「アジアパシフィック女子アマ」覇者の安田祐香(大手前大1年)は3アンダー
2019/04/28アジアパシフィック女子アマ

安田祐香が独走で初優勝 メジャー2大会の出場権/アジア女子アマ

韓国勢。通算1オーバーの5位に、前年大会はプレーオフで敗れた西村優菜が続いた。 日本勢は以下、通算3オーバーの7位に古江彩佳、通算6オーバーの12位に吉田優利、通算8オーバーの17位に小倉彩愛、梶谷翼、佐渡山理莉。通算17オーバーの41位に後藤
2018/09/30日本女子オープン

吉田優利はアマ3冠ならず「初めての感覚で苦しかった」

アマチュアで史上初の同一年アマ3冠を目指した吉田優利(麗澤高3年)は、4日間を通算9オーバー59位で終え、後藤(沖学園高3年)に13打差をつけられて、タイトル獲得はならなかった。 「初めての感覚と
2018/09/30日本女子オープン

ローアマチュアの喜びよりも…後藤未有が悔やんだ11打差

アマチュアのタイトルを獲得したのは、通算4アンダーの8位とした後藤(沖学園高3年)。次点の梶谷翼(山陽女子中3年)に4打差をつけたタイトル奪取にも、表情はこわばったままだった。 「決勝2日間で
2018/09/30日本女子オープン

畑岡奈紗は3連覇逃す ユ・ソヨンが3打差圧勝

なしの「68」でプレーし、通算12アンダー。2位に終わり、1970年の樋口久子以来2人目の大会3連覇を逃した。 菊地絵理香が通算10アンダーの3位に入った。 アマチュアの後藤(福岡・沖学園高3年)が渡邉…