2020/02/02

男子プロらがジュニアレッスン 石川遼と弾道対決も

伊澤利光のおいで男子プロの伊澤秀憲は1日(土)、横浜市内のゴルフ練習場「横浜旭ファミリーゴルフ」でジュニアレッスン会を行った。同学年で小学生時代から交流が深い石川遼、小袋秀人も参加し、小中高生の男女
2017/06/29南秋田カントリークラブみちのくチャレンジトーナメント

金子敬一、平本穏が首位発進/チャレンジ初日

金子敬一と、平本穏が7アンダー「64」をマークして首位タイでスタートした。 1打差の6アンダー3位に櫻井勝之、5アンダー4位に梅山知宏、芳賀洋平の2人が並んだ。 4アンダー6位に小袋秀人、伊藤涼太、西村匡史、宮瀬博文の4人。…
2016/06/16ひまわりドラゴンCUP

出水田大二郎が首位発進/男子チャレンジ初日

グローバルチャレンジカップ」は2位で終えており、今週も引き続き好調をキープ。4年ぶりのタイトルへチャンスを広げた。 7アンダーの2位に宮瀬博文。6アンダーの3位に丸山大輔、小袋秀人、佐藤えいち、昨年末にプロ転向した19歳の小…
2016/06/09ISPSハンダグローバルチャレンジカップ

中里光之介がツアー初Vへ首位浮上/チャレンジ2日目

「良い緊張感の中で頑張りたい」とレギュラーツアーの出場権もかかる最終日へ意気込んだ。 通算9アンダーの2位に佐藤えいちと原田大介、通算8アンダーの4位に広田悟、竹安俊也の2人が並んだ。初日首位の小袋秀人
2016/06/08ISPSハンダグローバルチャレンジカップ

飛ばし屋の小袋が“2週連続”の首位発進/チャレンジ

国内男子チャレンジトーナメントの第5戦「ISPSハンダグローバルチャレンジカップ 」が8日、千葉県の鶴舞カントリー倶楽部東コース(6930yd、パー72)で開幕。小袋秀人が7バーディ、ボギーなしの
2016/06/03日本ツアー選手権森ビル杯

谷口徹が2打差3位 首位に11年覇者のJ.B.パク

ジュンウォン(韓国)、アダム・ブランド(オーストラリア)の3選手が並んだ。 初日首位の小袋秀人は2バーディ、5ボギーの「74」とスコアを落とし、通算1オーバーの8位。同じく首位で出た宮本勝昌は通算2オーバーの11位、池村寛世…
2016/06/02日本ツアー選手権森ビル杯

アンダーパーわずか6人…池村、宮本ら4人が首位に並ぶ

勝昌、2012年日本アマ王者の小袋秀人の4人が並んだ。 池村は昨季下部チャレンジツアーで2勝を挙げるなど賞金ランク3位とし、今季前半戦の出場権を獲得。4月の国内初戦「東建ホームメイトカップ」初日に5位
2016/04/03Novil Cup

プロ10年目26歳の小鯛竜也が圧勝/チャレンジ

徳島県阿波市のJクラシックゴルフクラブで行われている国内男子の下部チャレンジツアー開幕戦「Novil Cup」最終日。26歳の小鯛竜也が7バーディ、2ボギー「65」(パー72)とし、通算12アンダーで初優勝を飾った。 首位タイから出て、前半で1つ伸ばした。後半…
2015/10/22JGTO Novil FINAL

前粟藏俊太が首位発進 賞金ランク2位の森本雄は2打差4位

ランク2位につける森本雄のほか、猿田勝大、上平栄道、小袋秀人、福永安伸、荒井雅彦の計6選手が並んだ。 賞金ランク1位の秋吉翔太は2アンダーの18位で発進した。 今大会終了時点で、賞金ランク1位の選手には
2015/07/03HEIWA・PGM Challenge II in 霞ヶ浦 ~Road to CHAMPIONSHIP

39歳金子がツアー初優勝 降雨で18H短縮/チャレンジ

茨城県の美浦ゴルフ倶楽部で行われた国内男子下部チャレンジツアー第9戦「HEIWA・PGM Challenge II in 霞ヶ浦 ~ Road to CHAMPIONSHIP 2015」(茨城県・美浦ゴルフ倶楽部)の最終日、39歳の金子敬一が40歳の原口鉄也を…
2015/04/18東建ホームメイトカップ

選手コメント集/東建ホームメイトカップ 3日目

けど、今年はそこまで硬くないので。たまたまトップスタートということで、比較的やりやすい条件が揃っていました。優勝をしようとは考えず、順位はさておき頑張ります」 ■小袋秀人 4バーディ、4ボギー、2
2015/04/17東建ホームメイトカップ

松山&石川世代 23歳のコブクロが首位争いへ

国内男子ツアー今季開幕戦「東建ホームメイトカップ」の2日目。68位からスタートした小袋秀人が、1イーグル、6バーディ、3ボギーでこの日のベストスコアとなる「66」(パー71)をマーク。予選通過圏外
2015/04/17東建ホームメイトカップ

首位はI.J.ジャン 片岡大育が1差2位

71)をマークして、通算7アンダーの単独首位でトーナメントを折り返した。 首位と1打差、通算6アンダーの2位にマイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)と、片岡大育の2選手。通算5アンダーの4位に小袋秀人
2014/07/12

比嘉一貴は2度目の2位に涙/日本アマ決勝

からのアプローチがピン奥まで転がった17番で痛恨のボギーとして、1ダウンの劣勢に。18番でも3メートルのバーディチャンスを決めきれなかった。 17歳で決勝に進んだ2年前の大会では、小袋秀人の前に2ダウン