最近のニュース 新着一覧≫


2011/12/27WORLD

【WORLD】R.マキロイ 「最高の一年」を振り返る〈2〉

あった球を出そうと思って打った時に負った怪我は恥ずかしかった。言うまでもないけれど、もう2度と同じショットは打たない。見出しにしたくないことでも話題を提供してしまったよ。 それから、全米オープンの直前に
2011/12/27WORLD

【WORLD】R.マキロイ 「最高の一年」を振り返る〈1〉

として今後やっていく土台を築けたシーズンだったから。自分にとって最初のメジャー勝利になった全米オープンはキャリアのハイライトだろうけれど、それ以外にも2勝出来たことで、これから更に勝てるということを
2012/04/02WORLD

【WORLD】タイガーの“暴露本” その概要とは

、2008年の全米オープン優勝後に膝の手術から復帰してからは、ショートゲームに重きを置かなくなったことを言及。「まだ(ショートゲームに)改善の余地はあったし、彼もそれを分かっていた。彼のドライバーが
2012/01/13WORLD

【WORLD】フィルvsリース 選手とコース設計者の舌戦

、別名“オープンドクター”とも言われ、過去に設計したコースで全米オープン7度、全米プロゴルフ選手権7度、ライダーカップ4度、ウォーカーカップ2度、プレジデンツカップ1度と、ビッグイベントが開催された
2012/01/08WORLD

【WORLD】カウベルの高らかな響き K.ブラッドリーの大躍進

遠ざかっていた事実に終止符を打ったからだ。 お子様ランチのおまけのように、チャール・シュワルツェルはオーガスタ・ナショナルでバーディを連発し、ロリー・マキロイは全米オープンで数々の記録を打ち立てた。だが
2011/12/27WORLD

【WORLD】砂漠での決戦/2011年欧州男子最終戦レビュー

のは全米オープンだけだった。欧州ツアーでのワーストは、マドリードでの11位タイのみ。そして何よりも特筆すべき点は、10年のキャリアで、欧州ツアーではメジャーではない大会で予選落ちゼロという記録だ。これ
2012/08/10WORLD

【WORLD】A.スコット 再起への期待

は彼自身メジャー23戦目となったメダイナCCで開催された2006年の全米プロゴルフ選手権で記録した3位タイだった。同年の全米オープン後には、近しいジェフ・オギルビーの優勝パーティーに参加し、勝利で得
2012/09/23WORLD

【WORLD】不可思議な現象の“扱い方”

週間後にはキーガン・ブラッドリーがファイヤーストーンCCで行われた「WGCブリヂストンインビテーショナル」で、最終18番の逆転優勝を果たした。ここで忘れられないのは、2008年の「全米オープン」で
2012/03/19WORLD

【WORLD】ウィニングパットの恐怖

乱調となったが、全米オープンでは完全優勝した。長らく最終ラウンドでもろさを見せていたダレン・クラークは、ロイヤル・セント・ジョージズで行われた全英オープンで優勝した。ルーク・ドナルドがPGAツアー年間
2012/06/12WORLD

【WORLD】タイガーは今季2勝を引っさげ全米オープンへ

誇りに思うよ。ジャックが見ている中、ここで勝てたんだからね。選手である僕らにとって、彼はとても大きな存在だ。彼こそ最高のチャンピオンだよ」。 そしてタイガーはこの勝利によって「全米オープン」を直前に