2021/10/22ISPS ハンダグレートに楽しく面白いシニアトーナメント

伊澤、マークセン、井殿が首位発進

て。これかと思って練習した」と“心の中のメトロノーム”でリズムを刻み、この日は6バーディを量産した。 1打差の5アンダー4位に昨季の賞金王・寺西明ら6選手。シニアルーキーでホストプロの宮瀬博文は4アンダー10位グループで、賞金ランクトップの井戸木鴻樹は1アンダー33位とした。
2021/09/17日本シニアオープン

史上4人目の快挙へ手嶋多一が単独首位

首位発進した65歳の伊藤正己は「74」で室田淳、プラヤド・マークセン(タイ)らと同じ3アンダー9位に後退。 大会連覇がかかる寺西明は2アンダー14位。賞金ランキング1位の井戸木鴻樹は2オーバー45位で大会を折り返した。
2021/07/29北海道ブルックス モアサプライズ カップ2021

冨永浩が単独首位発進 田中秀道がシニアデビュー

大会を制した清水洋一が深堀圭一郎、崎山武志、篠崎紀夫とともに3アンダー5位。 谷口徹は前戦優勝の井戸木鴻樹、丸山大輔らと同じ1アンダー14位。 賞金レーストップのタワン・ウィラチャン(タイ)は4
2021/09/08コマツオープン

北陸でタイ旋風再び? 川岸良兼が地元で初V狙う

シニア2年目の2018年に2位に入った大会で初優勝を目指す。初日は、ゴルファーの間で知られる前傾ティペグの「ナナメッティ」とスポンサー契約を結んだばかりの井戸木鴻樹らとティオフする。
2021/11/04

2030年「プレジデンツカップ」はベルリーブCC開催

はブルックス・ケプカがタイガー・ウッズ、アダム・スコット(オーストラリア)との優勝争いを制した2017年「全米プロゴルフ選手権」を開催した。井戸木鴻樹が頂点に立った13年「全米シニアプロゴルフ選手権
2013/06/24プレーヤーズラウンジ

<七転び八起き、弱点を武器にして戦う井戸木鴻樹>

ニコニコと頭を下げるところに井戸木鴻樹という男のプロとしてのサービス精神が窺える。 ツアープロとして井戸木が残している実績は、1982年プロ入りの長いツアー生活の中で、関西プロ選手権(90年)とNST…
2013/12/26

GDO編集部が選ぶ 2013年海外男子ツアー10大ニュース

石川遼の米国男子ツアー本格参戦に始まり、井戸木鴻樹の快挙、松山英樹の活躍と、2013年は男子ゴルフの興味が大きく海外へも向けられました。メジャートーナメントは今年も最後まで目が離せない展開の連続…
2021/09/25パナソニックオープン

2冠の52歳 手嶋多一がレギュラーツアー8試合ぶり予選突破

。羽川豊や井戸木鴻樹など先輩プロのプレーは「本当に勉強になります」と学びの姿勢は変わらない。1つ歳上の谷口徹からは、シニアオープン最終日の前夜に「『4人目になるんか、4人目やなぁ』みたいなメールが来る
2021/05/24記録

「全米プロゴルフ選手権」日本人成績

2014 松山英樹36T小田孔明41T石川遼予落谷原秀人予落 2013 松山英樹19T石川遼29T藤田寛之、井戸木鴻樹予落 2012 石川遼59T谷口徹68T藤田寛之予落 2011 池田勇太45T平塚
2004/11/22プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちのもうひとつの栄冠<平石武則>

キープ率とサンドセーブ率でランク1位。特にフェアウェイキープ率は、2001年に受賞しているが、以後2年間は同じ関西出身の井戸木鴻樹にお株を奪われていた。 「でも今年は、ショットがめちゃめちゃ調子ええし…
2013/08/09全米プロゴルフ選手権

奮闘!74位の井戸木鴻樹「シー・ユー・トゥモロー」

5月の「全米プロシニア選手権」で日本人初のシニアメジャー制覇を成し遂げた井戸木鴻樹が、レギュラーツアーのメジャートーナメントでも魅せた。オークヒルCCで開幕した「全米プロゴルフ選手権」初日のプレーは
2009/08/17プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの趣味<井戸木鴻樹>

先月の「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」で3日目に単独首位に立ち、優勝争いの末に2位につけ、2年ぶりのシード復活にほぼ当確ランプを灯したベテラン、井戸木鴻樹が一時期ハマっていた
2006/11/06プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの遊び心<井戸木鴻樹>

対峙する瞬間は、さすがに取り繕えないのだろう。その中にあって、常に変わらずひょうひょうとこの部屋に入ってくるのが井戸木鴻樹だ。シード復活をかけた今年もその精神状態は尋常ではなかったはずだが、大阪府茨木…
2013/09/27アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン

思い出の茨木CCで予選落ち 井戸木鴻樹は再び米挑戦へ

大阪府の茨木カンツリークラブで開催中の「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」2日目。国内で今季初のレギュラーツアー参戦となった井戸木鴻樹は、通算7オーバーの88…
2012/11/03富士フイルムシニアチャンピオンシップ

井戸木が最終戦でシニアツアー初優勝を飾る!

◇国内シニア◇富士フイルムシニアチャンピオンシップ 最終日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(千葉県)◇6,953ヤード(パー72) 今季最終戦を制したのは、ツアールーキーの井戸木鴻樹だった。初日、2…