2021/03/26青木翔「100を切る」技術

100切りのカギは、“ボギーオン”を意識した仮想ラウンド

! 渋野日向子を指導して注目を浴びた青木翔コーチが、コンスタントに100を切るためのポイントを全6回にわたってレッスンします。動画では、「トップトレーサー」を使って遊び感覚で上達できる練習法も紹介。最終回の
2019/09/26サイエンスフィット レッスン

飛ばないモヤモヤを一掃!アウトイン軌道撲滅法(後編)

障害物を設けるのが得策です。 右サイドがキマると、トップがキマる! レッスン前は、腰が右に流れてしまって十分に回らないぶん、腕を使って大きく振ろうとしていたため、クラブがどこまでも回ってしまい、トップ…
2019/05/23サイエンスフィット レッスン

正しい前傾姿勢と腰の回転で球をつかまえる!(前編)

「スイング・スキャン」を導入。プロのスイング分析を進めつつ、アマチュアひとりひとりの身体的な特徴や個性に合った、新たなレッスンを目指します。今回は、この新システムを使って、ドライバーの弾道が左右に散って…
2019/02/28サイエンスフィット レッスン

ハーフダウンを磨いてプロのスイングへ!(スイングレベル4 後編)

で左手の甲が下を向くようにしてください。引っかけそうな恐怖感がありますが、それでいいのです。引っかけるようなら、アドレスでフェース向きを開くことで調整してみてください。 では、今回のレッスンについて、動画で詳しくご紹介しましょう。
2013/03/01アメリカNo.1ゴルフレッスン

ダフりやすい原因は腰の回転

ダウンスイングの変化もさることながら、今回のレッスンでスイングの本質的な動きを劇的に体感できたと思います。ダウンスイングで腰が右前方に流れることなく、テークバックで十分に捻じった腰が、その場で回転する
2019/11/21サイエンスフィット レッスン

そうじゃない!「タメとリリース」の誤解(後編)

のイメージを変えるだけで、自然な「タメとリリース」ができるようになりますよ。 【受講者の悩み】 「ある有名な理論のレッスンをずっと受けてきて、一時は100切り目前までいったのですが、このところ、うまく…
2013/06/21アメリカNo.1ゴルフレッスン

LからLでヘッドの移動距離をアップ!

レッスン当初はテークバックで体が起き上がる癖がありましたが、今回見た限り、すごく良くなってきていますよ!特に、テークバックで腰が右に大きく流れていたのが、右足を踏ん張ることで、かなり改善しています。ただ…
2011/03/23東北地方太平洋沖地震

飯島茜らが合宿地・宮崎でチャリティーレッスン会

かなと思って」という飯島。今回、同コースに合宿する4名の女子プロの他、宮崎を拠点とする秋富由利夫プロら7名のプロ達が協力し、アマチュアを対象としたチャリティーラウンドレッスン会を開催することとなった…
2021/02/10ゴルフ・トライアウト無限大2

ティモンディ高岸が“飛ばし”の極意をゴルフテックで学ぶ

yd」に少しでも近づくためにドライバーでの“飛ばし”のテクニックを学びます。 ■ゴルフ・トライアウト無限大とは 人気芸人のティモンディ(前田裕太・高岸宏行)が1年間にわたり、ゴルフレッスンスクール…
2016/07/20佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑207>ビジェイ・シン(前編)

、過去の出来事にあった。フィジーでの幼少期は家族6人が一部屋で暮らし、8歳でゴルフに出会った。トム・ワイスコフのレッスン書を手本に練習を積み、17歳の頃にはフィジー最強のゴルファーを自負するほどに成長…
2013/08/09アメリカNo.1ゴルフレッスン

テークバックで欲張らない!

体重移動が過剰な人が多いんです! 今回は、GolfTECを受講された方のレッスンを総括しつつ、上達度合いを初回と比較していきます。初回のスイングを分析して、Hさんの大きな改善テーマとなったのは、体重…
2019/03/28サイエンスフィット レッスン

プロを目指すためのスイング調整法(スイングレベル5 後編)

が、クラブの開閉を大きく使う遠藤さんの場合は、右腕の内旋を意識する方法が合うので、今回は右腕を中心とした意識の仕方をレッスンしましょう。まずは、このようにボールを体の正面の真下に投げるようなイメージで…
2016/06/27今さら聞けないスイングの基礎

トップの位置を改善して方向性をアップ

年PGAティーチングプロアワード最優秀賞を獲得。明治大学理工学部出身の理系ゴルファーならではの論理的思考を活かしたわかりやすいレッスンで、ジュニアからシニアまで、アマチュアゴルファーの支持を集めている。
2021/10/05topics

両ひじが曲がっていないか? 見るだけでフェアウェイウッドが当たる45秒間

動画を見るだけでデキる【Lesson.4 FWのチョロ防止】 芝の上から打つクラブでシャフトが最も長く、確実にミートするのが難しいフェアウェイウッド(以下FW)。アベレージゴルファーの「「球が上がらない」「チョロばかり」などの悩める声に応え、人気YouTuberプロ・てらゆー氏が、プロや上級者の見るべきポイントを指南する。スイングリズムに合わせたオリジナル曲とともに、FWのミスを防ぐべきポイントを盛り込んだショート動画をチェックしよう! 【ここを見るべき.1】インパクトで両ひじが伸びているか FWでボールの頭(上半分)を叩くチョロが出たときに考えられる要因は、インパクト時に両ひじが曲がってい...
2013/04/11週刊GD

ゴルフスウィングは「4拍子」が黄金リズム!

上がりやすいのです。 ●解説 金谷多一郎(かなたに たいちろう) 84年にプロ入り。87年伊香保国際オープン優勝。現在はトーナメント解説からレッスンまで、テレビ雑誌を中心に活躍中。97年レッスン・オブ・ザ・イヤー
2021/07/21ゴルファーアンケート

1カ月に使う練習代はいくら?<練習編>

? ゴルフ雑誌の根強いファンは健在 YouTubeなどネットで気軽に動画が見られる昨今、「レッスン動画」が約半数を占めた。「ツアープロのスイング動画」と合わせると、58%が動画でスイングを学んでいる
2013/08/02アメリカNo.1ゴルフレッスン

悪い腕の使い方をリセット!

「自分のスイングにがっかり…」 「対症療法的なレッスンではなく、自分のスイングを一から直したいと思ったのが受講のきっかけです。レッスン当初、すごくアップライトでアウトサイドインに振っていたのをビデオ…