2019/08/01サイエンスフィット レッスン

球筋を安定させるためのナチュラルグリップ(後編)

とてもシンプルになりますよ! では、今回のレッスンを動画でご覧ください。ハンデ3.2の上級者に対するレッスンですが、このナチュラルグリップとつかまえ方のタイミングは、多くの中上級者の方にとって、自分の壁をすんなりと乗り越えるための参考になるはずです!
2015/12/23サイエンスフィット レッスン

テークバックの"2時間"で大きく変わる!

もソールする位置は同じですが、ただボールを左に置くだけなんです。ソール位置は同じでボール2個分くらい、ボールを左に置くだけなのです。 では、今回のレッスンのポイントを動画で御覧ください! もう
2019/07/25サイエンスフィット レッスン

球筋を安定させるためのナチュラルグリップ(前編)

ションキャプチャーのデータをチェックしたところ、自分のナチュラルグリップから、大きく逸脱していることが分かりました。では、ナチュラルなグリップとは一体何でしょうか。前編、後編にわたり、じっくりとレッスンしていき…
2015/11/18サイエンスフィット レッスン

飛ばそうとするほど飛ばなくなる原因

軌道がVゾーンの下から入るようになり、女子プロの軌道になりましたよ。ヘッドスピードは同じくらいですが、飛距離はレッスン前よりも10ヤードアップしました! では、今回のレッスンのポイントを動画で御覧
2019/03/14サイエンスフィット レッスン

プロを目指すためのスイング調整法(スイングレベル5 前編)

です。 つかまえるための2つの方法論 アマチュアも含めた、レッスンの基本的な考え方としては、体の回転を抑えないことです。ハーフダウンまでに行うレフトヒップバックで、強い体の回転を得られます。その一方で…
2017/12/21サイエンスフィット レッスン

アプローチのイメージを覆そう【後編】

悩み 「前回のレッスンで、アプローチも含めて、自分のショットがイメージと大きくかけ離れていたと実感することができました。ドライバーショットは上手く戻せているけど、それもやはり不安定ですし、アプローチで
2019/06/27サイエンスフィット レッスン

万年スライサーは左手首の使い方が真逆かも!?(後編)

美しくなりました! シャフトクロスやオーバースイングがなくなり、アウトサイドイン軌道も改善されて、つかまった球が出るようになりました。何より、スイングの見た目がとっても美しくなりましたよ!今回のレッスン
2013/12/27アメリカNo.1ゴルフレッスン

コンパクトかつクラブの運動量UP

増していく方法について、レッスンしていきたいと思います。 【受講者プロフィール】 Aさん、50歳、ゴルフ歴25年、平均スコア90台、ベストスコア82 悪いスイングが出てしまう傾向を再認識 全体的に…
2021/09/07topics

左手の甲は折れていないか? 見るだけでスライスが防げる60秒間

動画を見るだけでデキる【Lesson.2 スライス防止】 スイングはイメージが重要――。プロや上級者の動画を見ているだけで、悪いくせが修正できたり、リズムを取り戻すきっかけになることは多い。人気YouTuberプロ・てらゆー氏が、見るだけで上達するポイントを指南するシリーズは、1回目の飛距離アップに続き、アマチュアゴルファーの天敵“スライス撲滅”がテーマ。スライサーが注目するべきポイントはどこ!? 【ここを見るべき.1】トップで左手首は真っすぐか スライスが出る原因のひとつに、インパクトでのフェースの開きが挙げられます。ですが、インパクトの瞬間に閉じる操作をしようとしても、すでに手遅れ。プロ...
2016/10/13サイエンスフィット レッスン

アタマを動かさないほど軸が乱れます

た(左がレッスン後)。竹下さんのような上級者の方は、すぐにコツを飲み込めるものですが、アタマを動かさないことをずっと守ってきた初心者や中級者の方は、少し違和感を感じるかもしれません。 というのも
2017/09/14サイエンスフィット レッスン

プロとアマチュアでは体重配分が逆!?

とアイアンの体重配分に関するレッスンを動画で詳しくご覧ください。 体重配分を正すだけでリバースが改善! リバースとは、テークバックで左足体重が強まって、右足に乗れないスイングです。北川さんも、この…
2019/12/05サイエンスフィット レッスン

ヘッドを最大限に走らせるコツ(前編)

ことによって、レッスンで重点を置くべきポイントが、より鮮明になってきています。それを、ざっくりと伝えるなら、スイングはハーフダウンまでに完了しているべきだということです。今回は、ドライバーの球が散ること…
2018/05/31サイエンスフィット レッスン

90をコンスタントに切れない振り遅れの壁【後編】

、アウトサイドインのスイングです。100の壁に陥っている人は、それを飛び越して、90をコンスタントに切れるスイングを覚える段階にはありません。かなり路頭に迷う結果が目に見えているので、今回ご紹介するレッスンは、ご…
2019/06/20サイエンスフィット レッスン

万年スライサーは左手首の使い方が真逆かも!?(前編)

を見ることができる新システム「スイングスキャン」によって、よりピンポイントなレッスンが可能となりました。プロのデータと比較すれば、明らかに脱線しているところが、すぐさま一目瞭然となります。中でも…
2013/02/22アメリカNo.1ゴルフレッスン

低弾道と引っかけの原因は?

軌道になっていたハーフバックが、アップライトに改善した結果、トップも高いポジションに上がるように改善されています。今回のレッスンでは特に問題になっていた、テークバックの修正のみにとどまりましたが、これによってフォローも高くなり、引けていた左肘も次第に改善されてくるはずです。
2013/06/28アメリカNo.1ゴルフレッスン

右脇は締める?締めない?

自分でも原因が分かりません。当然、スコアにも大きなムラが出てしまいますね。でも、このレッスンを受講して、ゴルフスイングとはこういうものだったのか!というのを、だんだん理解しつつあります」 オーバー…