最近のニュース 新着一覧≫


2021/02/28小林至のゴルフ余聞

ゴルフは一発、ファウルもボールもない

米国でゴルフチャンネルという会社に勤め、ゴルフレッスン番組を4年あまり担当した。グレッグ・ノーマン、タイガー・ウッズ、デビッド・レッドベター、ブッチ・ハーモンら世界最高クラスのスイング理論はどれも説得力…
2021/05/20

50年の歴史に幕 老舗雑誌「週刊パーゴルフ」が休刊

いっぱいで運営を終了する。 株式会社学習研究社(現・株式会社学研ホールディングス)による創刊当初は隔週での発行。プロゴルファーによる技術解説やレッスンに加え、いち早く日曜日のトーナメント速報にも着手するなど
2011/12/27WORLD

【WORLD】R.マキロイ 「最高の一年」を振り返る〈2〉

過ごしつつ、大会までにベストコンディションに持っていけるような予定を組んだ。 少し前に彼女と友人を連れて、ゴルフレッスンをしたんだ。僕は教えるのが上手じゃなくてさ。昔からやってきたことだから、上手く説明が…
2012/12/24WORLD

【WORLD】ディッキーの死と黒人選手の活躍の場

壁を打破出来ず、2人はプロになる夢を断念した。今では両者共にAクラスのレッスンプロとして活躍。トニーはオリンピッククラブのトレーニングアシスタントとして、そしてクラークはThe First Teeの
2020/06/06topics

久々ゴルフその前に… スライスを防ぐ家練ドリル【リモートレッスン】

忘れがちな腕と手首の動き、どう取り戻す? 新型コロナウイルス感染拡大による自粛生活が解除され、そろそろゴルフ場へ行ってみようという人は多いのではないだろうか。ただ、プレーから離れている期間が長く、ボールがつかまるかが心配…とスイングに不安視している声が聞こえてきそうだ。そこでスライス改善に効果的なドリルを、スイング理論に詳しい吉本巧氏に聞いた。(※以下、吉本氏解説コメント) カット軌道を直す2つのドリル スライスの主な要因は、切り返しからダウンスイングにかけて、ヘッドがアウトサイドから入ってきて、インパクトでボールにカット回転をかけてしまうことが挙げられます。 そこで自宅にいながら、身近なアイ...
2020/05/18topics

おうちで素振り コッソリ上達する最適アイテムは?【リモートレッスン】

家にある道具、Good or Bad? 家にいる時、つい鏡の前でスイングチェックをしてしまうあなた。手に取ったアイテムは何? ほうき、ハンガー、布団たたき… 棒状であれば何でも良いと思ってはいないだろうか。そこで多くのアマチュアから支持を受ける関浩太郎氏に、クラブの代用として効果が見込まれる日常品を選別してもらった。(※以下、関氏解説コメント) ・ハンガー × ・布団たたき 〇 ・竹ぼうき △ ・面のあるほうき 〇 ・傘 × ・ちり取り △ ・タオル △ ハンガーはBad、布団たたきはGoodです。理由はフェース面を意識できるかどうかです。 ある程度の長さと面が必要だと思います。外ではない...
2020/05/25topics

おうちで素振り “止め3・ビュン3”スイングのススメ【リモートレッスン】

やみくもに振っていても、…ダメですよね? 新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛生活が続くなか、自宅で素振りをしようと思い立つ人は多いだろう。ただ、やみくもに振っていてうまくなる? 体を動かすのが目的? ということで、効率良くスイングを固めるための素振り法を、簡潔で分かりやすい理論に定評のある関浩太郎氏に聞いた。(※以下、関氏解説コメント) 方向性につながる「スイングプレーン」「フェースアングル」 やみくもにクラブを振っていても、間違ったスイングを叩きこむだけで、上達に近づくには厳しいといえます。前回、素振りを行う際はクラブの4つの動きを重視するべきですとお話しましたが、1.スイングプレーンと...
2020/05/30topics

久々ゴルフその前に… 手打ちを防ぐ家練ドリル【リモートレッスン】

忘れがちな腰の回転、どう取り戻す? 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が全国で解除され、ゴルフ場へ行ってみようという人は多いのではないだろうか。ただ、プレーから離れている期間が長く、スイングに自信がもてないという声も聞こえてきそうだ。特に感覚を取り戻したいのが腰の動き。腰の回転を取り戻して手打ちスイングを防ぐ方法を、スイング理論に詳しい吉本巧氏に聞いた。(※以下、吉本氏解説コメント) テーブルかイスでできる簡単ドリル スイングしていない期間が長くなると、腰を回転させる筋肉が落ち、手打ちになりやすい傾向があります。腰の回転の筋肉を目覚めさせ、手打ちを防ぐ簡単な練習ドリルをご紹介します。...
2020/05/27topics

久々ゴルフその前に… 歩いて直すスライス矯正法【リモートレッスン】

一発目からスライスは嫌! 大曲がりはしたくない… 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が全国で解除され、久々にゴルフ場へ行ってみようという人は多いのではないだろうか。ただ、プレーから離れている期間が長く、スイングに自信がもてないという声も聞こえてきそうだ。そんな「一発目から“どスライス”確実…」と頭を抱えている方におすすめのスライス矯正法を、最新のスイング理論に詳しい吉田洋一郎氏に聞いた。(※以下、吉田氏解説コメント) “どスライス”の原因は2つ 久しぶりのゴルフで、“どスライス”を起こしてしまう主な要因を、アウトサイドインのカット軌道に絞り、お話しさせていただきます。 カット軌道の原...
2020/06/03topics

久々ゴルフその前に… 担いで直すフック矯正法【リモートレッスン】

一発目から引っかけは嫌! どうすればイイの? 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が全国で解除され、久々にラウンドしようという人は多いだろう。ただ、プレーから離れている期間が長く、スイングに自信がもてないという声も聞こえてきそうだ。そこで直前調整OK! ゴルフ緊急事態を防ぐため、スライス矯正法に続き、フック矯正法をスイング理論に詳しい吉田洋一郎氏に聞いた。(※以下、吉田氏解説コメント) フックの原因は「切り返し」にアリ! 久しぶりのゴルフで、フックや引っかけを起こしてしまう要因として、切り返しのタイミングでクラブをインサイドから引きつけすぎてしまい、振り遅れてしまうことが多いと考えてい...
2020/05/23topics

おうちでコッソリ 理想のトップを確認するには?【リモートレッスン】

忘れがちなトップの位置、どう取り戻す? 新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛生活が続くなか、実際コースに行ってスイングチェックできない人は多い。振り幅、腕の高さ、手首の角度などの中で、特に気になるのはトップの位置だ。そこで、自宅でできる簡単な確認方法をスイング理論に詳しい吉本巧氏に聞いた。(以下、吉本氏解説コメント) とにかく右腕の暴走を抑えること 注目してほしい点は、右腕の動きです。スライスやフックに悩んでいる人の多くは、右腕がトップ(切り返し)からインパクトの間で、暴走を起こしてしまっています。右腕の動きを最小限に抑え、理...
2020/05/20topics

おうちでコッソリ グリップの感覚を取り戻すには?【リモートレッスン】

グリップの“握り感”って忘れるもの? 新型コロナウイルス感染拡大の影響により「STAY HOME」の推進で、長い期間クラブを振れていない人は多い。そこで忘れてしまうのが、ツアープロも口にするグリップの“握り感”だ。指の掛け方や力量の確認など、家でもできる感覚をキープするための方法を、プロゴルフコーチ吉田洋一郎氏に聞いた。(※以下、吉田氏解説コメント) スイング以上に重要“握り感” グリップの握り方を忘れてしまうということは、ツアーで活躍するトッププロであってもあります。 ツアープロでも常にクラブを手に届くところに置いて、確認しているという話を聞きます。グリップはクラブとプレーヤーをつなぐ唯一の...
2012/03/19WORLD

【WORLD】ウィニングパットの恐怖

で)3フィート8インチを沈めていれば勝っていたのだが。 パットに戻った時、スタンリーが何を考えていたのか、誰もわからない。だが、ホールが小さく見えたことは間違いない。彼は何かを学んだ。しかしレッスン