2015/11/22ヨーロピアンツアー公式

ドバイでの終幕はマキロイとサリバンによる最終決戦へ

だった」。 「それでも踏ん張り続けたし、リーダーボードで状況を確認し、他の選手が良いスコアで回っていると知ったことが助けになったと思う」。 しかし、この日、マキロイをリーダーボードの天辺か…
2020/07/09ヨーロピアンツアー公式

ツアー再開に胸を躍らすラウテン「素晴らしいこと」

により管理されることになる。 「中断前の2大会で調子が出始めたんだ」とラウテン。「2週連続してリーダーボードの上位まで行きながら仕事を完遂させることはできなかったけれど、少なくとも勝つチャンスはあったから
2016/01/30ヨーロピアンツアー公式

完璧なローリーが快挙達成へ迫る

も同じく15番でボギーを叩き、17番でもスコアを落としてリーダーボード上位から転げ落ちたのに対し、グレースとフリートウッドは順位を押し上げることに成功した。 グレースはパー3の17番でティショットを
2019/04/07ヨーロピアンツアー公式

初心者に贈るゴルファーの決まり文句と本音ガイド

。もうフライトだって変更したし、荷造りも済んだので、明晩9時には自宅の玄関に着いているよ 時として、どんな質問でも選手を脅かす 「ボクはリーダーボードを見ないたちなんで」 この言葉を聞く状況:第3
2020/06/22RBCヘリテージ

父の日2勝・母の日1勝 シンプソンが黄色いシャツを着たワケ

ショートさせるパットが多かったシンプソンは「リーダーボードを見る前は(通算)20アンダーまで行けば十分勝てるだろうと思っていたんだけど、13番で見たときにみんなロースコアで驚いた。だから攻め続けて、パットは
2015/06/08ヨーロピアンツアー公式

公傷明けのノレンが悠々と母国大会を制覇

できたし、精神的にとても充実していた。特に今日は、先週リーダーボードを見ることについて学んでいただけに満足だね。今日は(リーダーボードを)見ないようして、それが上手くいった。一日を通して落…
2016/06/17ヨーロピアンツアー公式

初日サスペンデッドのオークモントは混戦模様

オークモントCCがその牙を隠すなか、荒天に見舞われた「全米オープン」初日は、リーダーボードの上位に多くの選手たちが密集する展開となった。 同コースで「全米オープン」が開催された前回2007年の
2015/04/12マスターズ

マキロイの上昇気流を阻んだ16番の落とし穴

アンダーとしたマキロイは、リーダーボードの4番目に名前を上げることに成功。した しかし、ここから流れは変わってしまう。16番ではしっかりボールの芯を捕らえることができず、グリーン右手前にミスショット。2打
2015/06/26ヨーロピアンツアー公式

輝きを放ったカブレラベロー

出だし3ホールで連続バーディを奪ったゴーント。「今日の目標は、そこから前進し続け、リーダーを追うことだった」 「最終ホールでは、素晴らしいショット、そして最高のパットを入れたので、今日はケーキにイチゴ
2016/07/11ヨーロピアンツアー公式

ノレンがキャッスル・スチュワートの玉座に

からの復活以来遂げている目覚ましいカムバックをここでも見せつける格好となった。 「とてもタフなリーダーボードだったので、終わってすごく嬉しいよ」とノレン。「通算11、12、13アンダーに多くの選手がい
2017/01/22ヨーロピアンツアー公式

ハットンが首位 上位に実力者多数で混戦の最終日へ

「アブダビHSBC選手権」はティレル・ハットンが1打差の単独首位で最終日を迎えることとなったが、リーダーボードの上位にはこのコースを得意とする選手やメジャー王者がひしめいており、先が読めない展開と
2017/11/13ヨーロピアンツアー公式

“アメージング・グレース”がサンシティで戴冠

損なってしまったけれど、16番のパットが大きな鍵となったと思う」 この日は1番、2番、4番、5番、そして6番でバーディを奪った李が早い段階で大きな動きを見せ、瞬く間にリーダーボードを駆け上がった
2014/09/07PGAコラム

“鈍感”なホーシェルが単独首位に立つ

。ホーシェルより1つ後の最終組(3人)でプレーしたパーマーは、リーダーボードの順位が変動するのを気にならざるを得なかったとラウンド後に話した。 「(リーダーボードを)見て、フェアウェイから…
2013/10/07ヨーロピアンツアー公式

大陸ヨーロッパ選抜が13年越しの悲願を達成

にとって上手くいきましたね」。 「できる限りリーダーボードを見ないようにしましたが、当然、皆、私のマッチに寄り集まって見ることになりました。なるべく計算をせず、0.5ポイントが必要である事だけを意識し
2013/07/06ヨーロピアンツアー公式

首位争いの日々を楽しむザノッティ

一番うれしい。それからリーダーボードに載ることもね」。 ザノッティと同じく、ケルドセンもこの大会に出場するにあたって優勝争いは殆ど念頭になかった。そして、欧州ツアー3勝のケルドセンは、初日の「69」に
2017/01/21ヨーロピアンツアー公式

“アブダビマスター”のカイマーが首位に浮上

2回記録しているドイツのカイマーが大会4勝目へ向け、通算12アンダーで慣れ親しんだリーダーボードのトップに立った。このまま日曜の午後にトロフィーを掲げることになれば、カイマーにとっては2014年の