ニュース

米国男子ジェネシスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ワトソンが首位 カントレー1打差 DJは猛追8位

◇米国男子◇ジェネシスオープン 3日目(17日)◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

連日の晴天に恵まれた大会3日目。首位に3打差の7位から出たバッバ・ワトソンが、1イーグル5バーディ、1ボギーの6アンダー「65」で通算10アンダーとして、単独首位に浮上した。最終ホールで15mのバーディパットを沈めたパトリック・カントレーが通算9アンダーで1打差の2位に続いている。

ツアー通算9勝のワトソンだが、直近の優勝は2年前の今大会。昨シーズンはフェデックスカップ75位と低迷したが、2年ぶりの優勝へ絶好の位置で最終日へと駒を進めた。

通算8アンダーの3位には、キャメロン・スミス(オーストラリア)、ケビン・ナトニー・フィナウグレーム・マクドウェル(北アイルランド)の4選手。

この日のベストスコアとなる7アンダー「64」を出してリーダーボードを駆け上がったのは、昨年覇者で世界ランク1位のダスティン・ジョンソン。通算6アンダーとし、初日107位の出遅れから、8位まで浮上した。

また、李昊桐(中国)が6番(191yd/パー3)でホールインワンを達成している。

関連リンク

2018年 ジェネシスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~