2017/06/23ヨーロピアンツアー公式

復活のオームスビーが首位 凱旋のガルシアは「最高だった」

のヘンリック・ステンソンは、その後方の5アンダーグループにつけており、注目選手がリーダーボードの上位にひしめく混戦模様となっている。 午前中にラウンドしたデトリーがクラブハウスターゲットを設定すると
2020/07/04ロケットモーゲージ・クラシック

終盤6ホールで3バーディ 松山英樹4カ月ぶりの週末へ

、ロースコアぞろいのリーダーボードは混戦模様だ。「(週末)2日間で15、16、17(アンダー)くらい行かないと勝てない。まずはあした、良いプレーができるよう頑張りたい」と目標を高く掲げた。
2016/07/02ヨーロピアンツアー公式

R.マキロイがパリで一躍首位に浮上

・モリナリ、トーマス・ピータース、アンディ・サリバンが続いている。 リーダーボードの上位8名に異なる8つの国籍が並んだことがヨーロピアンツアーの多様性を示しており、大会は首位から5打差に32人が
2015/08/24ヨーロピアンツアー公式

粘り腰を見せたホーシーがデンマークで戴冠

に対し、ホーシーは同ホールで痛恨の3パットをすると、パー3の7番で30歳のホーシーがティショットをバンカーに打ち込んだ時点で、彼は41ホール振りにリーダーボードのトップから陥落することとなった。 ただし
2015/08/23ヨーロピアンツアー公式

引き続きメイド・イン・デンマークの主導権を握るホーシー

迎えることとなった。 イングランドのホーシーは木曜の午前中に今季欧州ツアーの最小ハーフスコアに並ぶ「28」を記録し、リーダーボードの最上位へ上り詰めると、初日からの3日間を「63」、「67」、「68
2015/10/10ヨーロピアンツアー公式

フィッツパトリックとケルドセンが首位で大会を折り返す

アンダーに達した選手となった。 「アイルランドオープン」王者のケルドセンは、そのアイルランドでの勝利の後、トップ10入りを4度果たしているが、それでもまだベストな状態ではないと感じている。 「リーダーボード
2016/08/01モテゴル研究部

第16話 GDOアマに出てみる(後編)

マーックス!!!」 がっくん、シバッバ、パイセン:「競技ゴルフ最高!! チームスクランブル戦最高!!」 ・ ・ ・ ・ ・ ホールアウト後のリーダーボード前 ・ ・ ・ ・ ・ ただはるぶちょー:「どうやら
2015/06/06ヨーロピアンツアー公式

スウェーデンコンビがマルメで首位を分け合う

「ノルデアマスターズ」は2日目を終え、首位タイに立ったスウェーデンのティーンエイジャー、マーカス・キンハルトが初日に続き2日目もリーダーボードのトップに名を連ねた。アマチュア選手としては欧州ツアー
2015/09/21ヨーロピアンツアー公式

カールバーグがイタリアで欧州ツアー初制覇

、バックナインで崩れ、なんとか16番をバーディとしたことにより通算19アンダーとし、最終日を「67」でラウンドしてリーダーボードを駆け上がったカールバーグに並んだ。 2人は4日間を通してプレーオフの
2017/04/24ヨーロピアンツアー公式

ヴィースベルガーが中国で劇的な勝利

リーダーボードを駆け上がり、9番ではチップインイーグルを奪うも、まだこの段階では、首位との差は開いていた。 しかし、フリートウッドは13番でバーディを奪って優勝圏内に浮上すると、「アブダビHSBC選手権
2014/10/20PGAコラム

ベン・マーティン、イーグルの後押しでツアー初優勝

と思われたが、最後のパットで躓き、「65」でホールアウトした。 「リーダーボードはなるべく見ないようにしていた」と話すストリールマン。「トラベラーズの時みたいだったよ。(バーディを)できるだけ多く
2013/08/26ヨーロピアンツアー公式

フリートウッドがグレンイーグルスの王者に

たがその後はとても落ち着いていました。リーダーボードの方は緊迫していましたね。窒息してしまいそうなくらいの接戦でした。一つのボギーで順位を10位も落とす状況でした」。 「15番でのボギーでトップから
2017/07/07ヨーロピアンツアー公式

好スコア続出の初日はイムとエベールが首位発進

フィッシャーは、その後8ホールで7バーディを奪う目覚ましいゴルフを見せると、12番で再びボギー。13番でイーグルを奪って再びリーダーボードの上位に顔を出し、続く14番でイーグル逃しのバーディを奪ったが、最終
2014/07/28ヨーロピアンツアー公式

ホージーがプレーオフでマクグランを破る

の時間をリーダーボードの頂点で過ごしてきたホージーだったが、12番でのダブルボギーにより優勝に陰りが見え始めた。マクグランが15番から3連続バーディを奪い、単独首位に立つ展開となった為、形勢は完全に
2014/03/23アーノルド・パーマーインビテーショナル

A.スコットが自身初の世界ランク1位奪取に前進

、スコットが世界トップと言っても良いだろう。苦しみながらも、リーダーボードのトップを守るのに十分なだけのプレーを見せているからだ。 2位と7打差で3日目をスタートしたスコットは、1番での3パットボギー
2017/06/18ヨーロピアンツアー公式

メジャー初V争奪戦 フリートウッドが好位置で最終日へ

並ぶ展開となったが、フリートウッドは最終ホールでボギーを叩いて単独首位の座をハーマンに譲る格好となった。 ケプカは最終ホールでバーディを奪って2位タイに浮上し、これで混戦模様となったリーダーボード