2017/09/30ニュージーランド女子オープン

ベレン・モゾが初Vへ首位キープ 上原彩子は37位で最終日へ

、ボギーなしの「67」とし、通算14アンダーで好位置をキープ。通算12アンダー3位にヤン・ジン(中国)。地元ニュージーランド出身のリディアコーは、通算8アンダーの11位で最終日を迎える。 35位から出た上原彩子は3バーディ、2ボギーの「71」と伸ばしたが、通算4アンダーの37位に後退した。
2017/09/28ニュージーランド女子オープン

ヘンダーソンとJ.E.シャドフが首位 上原彩子は81位出遅れ

人。5アンダー5位にチェ・ナヨン(韓国)、ベアトリス・レカリ(スペイン)、ブリタニー・リンシコムの3人が並んだ。 ニュージーランド出身で、世界ランク8位のリディアコーは4バーディ、2ボギーの「70
2016/06/13KPMG女子PGA選手権

「スペシャルをできた」ヘンダーソン、10代対決を制す

首位から出た世界ランク1位のリディアコー(ニュージーランド)に追いつき、プレーオフ1ホール目で撃破した。 前半を2バーディで折り返したヘンダーソンが「流れが変わった」というのは、11番(パー5)の
2017/09/18エビアン選手権

宮里藍 最後の戦いは32位 ノルドクビストがメジャー2勝目

のプレーオフに突入。強い雨が降る中、1ホール目でノルドクビストがオルトメアを振り切り、ツアー8勝目、2009年以来となるメジャー2勝目を挙げた。 通算8アンダーの3位にリディアコー(ニュージーランド
2017/02/20世界ランキング

トップ5に変動 畑岡奈紗は9ランク浮上/女子世界ランク

ベストタイの5位。また、試合出場がなかったフォン・シャンシャン(中国)も4位から3位に1ランクアップした。 上位2人に変動はなく、トップ5はリディアコー(ニュージーランド)、アリヤ・ジュタヌガン(タイ
2017/09/29ニュージーランド女子オープン

ベレン・モゾが独走首位 上原彩子は35位で決勝へ

アンダーの2位に、首位から後退したブルック・ヘンダーソン(カナダ)、ともにツアー未勝利のマデレーネ・サーストレム(スウェーデン)、エミリー・トゥバートの3人が続く。 地元ニュージーランド出身のリディア
2016/11/03TOTOジャパンクラシック

日本開催の米ツアー 賞金女王イ・ボミの複雑な思いとは?

78人が出場。国内賞金ランク1位で迎えるのは、2位に約2545万円の大差をつけて独走中のイ・ボミ(韓国)。初日は米国の賞金ランク1位リディアコー(ニュージーランド)とプレーする注目組に入り、「世界
2016/11/05TOTOジャパンクラシック

畑岡奈紗がギャラリーとして観戦 憧れの人を密着マーク

リディアコー(ニュージーランド)が宮里と同組に入り、10番スタートながらもっとも多くのギャラリーが続いた注目組となった。畑岡は10月下旬に米女子ツアーのセカンドQTを通過し、来季の出場権を争う
2017/09/17エビアン選手権

上原彩子が1打差2位に急浮上 宮里藍は27位

。 キャサリン・カーク(オーストラリア)が通算7アンダーの3位。リディアコー(ニュージーランド)、韓国のパク・ソンヒョン、キム・インキョンが通算6アンダーの4位で追う。 野村敏京は通算イーブンパーの35位。
2017/09/16エビアン選手権

宮里藍と上原彩子が5打差8位発進 首位にパク・ソンヒョン

リディアコーらが並んだ。 野村敏京は2アンダーの16位タイ。 競技は54ホールへの短縮が決まっており、予選第2ラウンドを16日、決勝ラウンドを17日に行う。野村は午前8時7分(日本時間午後3時7分)、宮里
2017/09/10インディ女子インテック選手権

初代優勝者はL.トンプソン 上原彩子は30位

リディアコー(ニュージーランド)。後半11番でダブルボギーをたたくなど「72」と伸ばせず、惜しくも今季初タイトルを逃した。 通算17アンダーの3位にミンジー・リー(オーストラリア)。通算16アンダー
2016/04/19スウィンギングスカートLPGA

リディア・コーが3連覇狙う 日本勢は宮里藍ら6人出場

米国女子ツアー「スウィンギングスカートLPGAクラシック」は21日から4日間、カリフォルニア州のレイクマーセドGCで開催される。 前年の優勝者は世界ランク1位に立つリディアコー(ニュージーランド
2017/09/08インディ女子インテック選手権

レキシー・トンプソンが首位発進 上原彩子19位

・ガル(ドイツ)とクリス・タムリス。7アンダーの4位にモリヤ・ジュタヌガン(タイ)と今季は未勝利が続くリディアコー(ニュージーランドが続く。 4人が出場する日本勢では、4アンダー「68」した上原彩子
2017/03/21世界ランキング

ツアー通算3勝目の菊地絵理香が14ランクアップ/女子世界ランク

ランク上位陣では、1位リディアコー(ニュージーランド)、2位アリヤ・ジュタヌガン(タイ)は変わらず。チョン・インジ(韓国)が1ランクアップの3位となり、フォン・シャンシャン(中国)と入れ替わった。「ファウンダーズカップ」を5位で終えた朴仁妃(韓国)は、2ランク上昇して7位に続いた。