2021/07/10クラブ試打 三者三様

Carrys Qを万振りマンが試打「金属感が強すぎ」

。クラウンの形状自体はターゲットに合わせやすいので、少し手間ではありますが、ソールをしない打ち方を推奨します」 ―どのような人向き? 「フェアウェイウッドやユーティリティで打点が安定しない人。ミスヒット
2021/07/08クラブ試打 三者三様

Carrys Qを筒康博が試打「打音は△だけど…」

プロギア「Carrys Q」シリーズの評価は!? ラフ、傾斜地、フェアウェイバンカーなどの窮地から助ける新発想のクラブとして、2018年に登場したプロギア「Q」シリーズ。2代目「Carrys Q(キャリーズ キュー)」はフェアウェイからやさしく打てるクラブとして加わり、4種類のロフト角が用意された。とにかく上がる、低重心ヘッドでキャリーが出るというコンセプトの新シリーズを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は? 「打音が大きく響きすぎ」 ―率直な印象は? 「気になる部分がいくつかあった中で、一番引っかかったのは打音です。ソールに...
2021/07/06クラブ試打 三者三様

Carrys Qを西川みさとが試打「評価が難しい」

て、あまり前に前に飛ぶ感じではなかったところです。特に打感が硬いというか、軽いというか、いまいち強く当たっている印象がありません。普段使っているフェアウェイウッド(以下FW)やユーティリティ(以下UT
2021/06/28新製品レポート

全番手が打ちやすい新コンセプト プロギア 05 アイアン

フジクラ製のオリジナルシャフトも好印象です。当てやすさに貢献していますね。 【ミヤG】 たしかプロギアの「LS」シリーズで展開されているフェアウェイウッドとユーティリティも、それぞれが同じ長さ設定になってい
2021/06/27topics

《2021年》初級者向けのアイアンセットおすすめ5選

」 キャビティ構造のフェース内に中空部を設けた、近年では珍しいハイブリッドモデル。高い寛容性と反発性を兼ね備えた「ハイパーキャビティ構造」により、直進性と飛距離性能を両立し、ミスヒットにも強い。やさしいクラブは…
2021/06/21優勝セッティング

「パターはイメージが大事」 申ジエ優勝ギア

(3番15度、5番18度) ユーティリティ:キャロウェイ APEX(20度、23度) アイアン:キャロウェイ APEX TCB FORGED(6番~PW) ウェッジ:キャロウェイ JAWS(50度
2021/06/15優勝セッティング

バッグの半分は“ウッド型” 青木瀬令奈の優勝セッティング

日々取り組んでいます」 セカンドショットでアイアンを持つ選手を尻目に、青木がユーティリティやウッドを握る場面は今大会でもしばしばあった。「アプローチもパターももちろんだけど、今週は特にそこら辺(セカンド…
2021/06/01優勝セッティング

3W抜いて4I投入 勝みなみの復調Vを支えたギア

Z785(10.5度) シャフト:三菱ケミカル ディアマナ B50(硬さS、45.25インチ) フェアウェイウッド:スリクソンZX(5番18度) ユーティリティ:スリクソンZX(4番22度) アイアン