最近のニュース 新着一覧≫


2021/07/17ダウグレートレークスベイ招待

笹生優花組7位 畑岡奈紗組15位で最終日へ

(スペイン)とメル・リード(イングランド)のペア。 首位で出たタイのアリヤ・ジュタヌガンモリヤジュタヌガンの姉妹コンビ、キム・アリム(韓国)&イエリミ・ノ、ハー・ミジョン&イ・ジョンウン6が通算13
2021/08/21AIG女子オープン(全英女子)

笹生優花5位 渋野日向子12位で決勝へ 畑岡&古江も予選通過

プレーし、通算5アンダー。レキシー・トンプソン、モリヤジュタヌガンらとともに5位グループを形成し、6月「全米女子オープン」に続くメジャー2勝目に向けて好位置につけた。 2019年大会を制した渋野日向
2021/06/26GDOEYE

これぞ元世界1位 アリヤ・ジュタヌガンが見せた気遣い

ジュタヌガンが2打目を打ってグリーンオン。カーと渋野の球は、1.5mほど離れて同じような場所に止まっていたが、後ろのカーが先に打つと、その球はダフリ気味で少し先のフェアウェイ付近へ。続いて渋野が2打目
2021/07/23アムンディ エビアン選手権

古江彩佳がメジャーで1打差3位発進 アマ梶谷翼は11位

)は6バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「68」で回り、3アンダーとこちらも上々の滑り出しを見せた。リディア・コー(ニュージーランド)、モリヤジュタヌガン(タイ)、ミンジー・リー(オーストラリア)ら
2021/05/22ピュアシルク選手権

渋野日向子は68位で決勝へ 畑岡奈紗らは予選落ち

単独首位に立った。 ジェシカ・コルダ、ステーシー・ルイス、アナ・ベラク(スロベニア)の3人が通算5アンダー2位で追う。モリヤジュタヌガン(タイ)、キム・セヨン(韓国)ら5人が4アンダー5位に並んだ
2021/05/24ピュアシルク選手権

台湾のウェイリン・スーが初優勝 渋野日向子は31位

「68」をマークし、通算13アンダーとして逃げ切りでツアー初優勝を遂げた。台湾勢としては2012年「キアクラシック」を制したツェン・ヤニ以来の勝利となった。 モリヤジュタヌガン(タイ)が通算11アンダー
2021/04/22ヒューゲルAirプレミア LAオープン

コルダ姉妹が好スタート 河本結ら日本勢は出遅れ

アンダーで単独首位発進を決めた。1打差の2位に初回の2018年大会を制したモリヤジュタヌガン(タイ)と、ティファニー・チャン(香港)が続いた。 首位とは2打差、5アンダーの4位にジェシカの妹で年間
2021/04/20ヒューゲルAirプレミア LAオープン

舞台はロサンゼルス 日本勢は河本結ら4人が参戦

として設計された名門コース。 前回2019年大会は、最終日を1打差の単独首位から出たミンジー・リー(オーストラリア)が後続に4打差をつけて圧勝した。 歴代覇者のモリヤジュタヌガン(タイ)、ミンジーを
2021/04/02ANAインスピレーション

笹生優花が3打差8位発進 河本30位 渋野49位

キットがボギーなしで6バーディを重ねて「66」をマークし、6アンダーの単独首位で発進した。 フォン・シャンシャン(中国)とレオナ・マグワイア(アイルランド)が1打差。アリヤ・ジュタヌガンモリヤ