2021/01/21プラス1

“美味しく”痩せよう! 体脂肪を燃焼しやすくする食品

オイルを取るときは糖質の摂取を抑えるようにしてください。 普段、口にしている食品にも脂肪燃焼効果が高いものがあります。筋肉量を増やし基礎代謝を上げるだけでなく、脂肪燃焼しやすい食品を摂取して、太り過ぎない体づくりを目指しましょう。 (協力/ケア
2021/01/07プラス1

体が固まる冬の朝に 可動域を広げるストレッチ

。 4.股関節から動かすことを意識して、10回3セット行いましょう。 なるべく大きく体を動かして、全身をほぐしましょう。関節の可動域を広げることで動きに幅が出るので、ラウンド前にぜひ試してみてください。 (協力/ケアくる)
2020/12/31プラス1

ぐらつき予防で不安を一掃! 足首のセルフテーピング

に貼ります。 6:外側のテープ端は内くるぶしの上部を通るように貼りつけます。 ※それぞれのテープが交差するイメージです。 症状に合わせて、テープを引っ張る強さを調整しましょう。痛みが強い場合は専門医に相談の上、有効に活用してください。 (協力/ケア
2020/12/24プラス1

大きな筋肉を動かして! 正月太りを予防するトレーニング

消費効率の高いメニューです。大きな筋肉を鍛えることで、エネルギー消費量を増やすことができます。 活動量が低下しやすい時期に向けて、太りにくい身体を作り、正月太りを予防しましょう。 (協力/ケアくる)
2020/12/17プラス1

どうにもならない突然の激痛…「足のつり」に効く予防策と対処法

を十分に感じられない場合は、前足を後足のひざ裏に乗せるといいでしょう。 4.ゆっくりと60秒かけて、3~5回行います。 足がつると筋肉や神経が敏感に反応しやすくなるため、無理に動かすと痛みが長引く恐れがあります。予防策や対処法を実践し、快適なゴルフを楽しんでく…
2020/12/10プラス1

もう力まない! グリップを補助する親指のテーピング

を通すようにしましょう。 4:手が大きい方や、よりしっかりと固定させたい場合は1/3程度テープを重ねて同じように貼りましょう 痛みがある場合は無理せず、専門医やトレーナーと相談しながら行ってください。 (協力/ケアくる)
2020/12/03プラス1

手足を温めてパフォーマンスUP! ゴルフ場でできるエクササイズ

になると同時に、エクササイズにより温まった血液を、手足の末端まで送ることができます。 今回のエクササイズは、全身のストレッチにもなりますので、ラウンド前のウオーミングアップとしてぜひ試してみて下さい。 (協力/ケアくる)
2020/11/19プラス1

湿度に着目して冬の風邪対策を

10%上がると体感温度は1度高くなります。 健康的な日々を送るために“湿度”を意識しましょう。 (協力/ケアくる)
2020/11/12プラス1

腰の負担を減らして快適ゴルフ! テーピングの基本

。 テーピングはセルフケアや、動きのサポートとして活躍します。専門医と相談しながら、正しい方法で有効に活用しましょう。 ※記事内の写真は服の上からテーピングを行っていますが、実際は体に直接貼ってください。 (協力/ケアくる)
2020/10/22プラス1

後半のラウンドまで集中力を維持しよう! 最適な“おやつ”の取り方

ます。そのような場面で、よく噛んであごを動かすことにより、過剰な緊張を取り除き、リラックスした状態を作り出していたのかもしれません。 プレー中の “おやつ”をちょっと意識して、最高のパフォーマンス発揮につなげてみてください。 (協力/ケアくる…
2020/10/15プラス1

手首を痛めないために知っておきたいテーピングの貼り方

、テープにシワが出るのがポイントです。 テープにシワができることで、筋肉の動くスペースを作り、手首をスムーズに動かしやすくなります。テーピングは正しく貼ることで効果をより発揮するため、専門医に相談の上、有効に活用しましょう。 (協力/ケアくる…
2020/10/08プラス1

パフォーマンスアップに! おすすめ朝ごはん

与えることもあります。 ラウンド時の集中力を維持させ、ベストなパフォーマンスを発揮するために、朝食はしっかりと取るようにしましょう。 (協力/ケアくる)
2020/10/01プラス1

バランス感覚を鍛えよう! 体の土台をつくるトレーニング

のうでの位置を入れ替える動きを繰り返します。 4:左右に10回ずつ回転させましょう。 5:反対側も同様に行います。 これらのエクササイズを行うことで、バランス能力が向上し、どんな場所からでも安定したスイングを生み出せるようになります。ぜひ試してみてください。 …
2020/09/17プラス1

「秋のむくみ」を予防するには?

。 季節の変わり目に表れやすいむくみですが、慢性的な手足以外のむくみなど、通常とは異なる症状の場合は、腎機能や循環器系、甲状腺の不調が原因かもしれません。内科や血管外科で診察を受けることをおすすめします。 (協力/ケアくる)
2020/09/10プラス1

これで疲れ知らず? バテない体を作る筋力トレーニング

向きましょう。 7:左右10回ずつ行います。 骨盤や肩は、スイングに必要なエネルギーを背骨やコア、両うでに伝達するために重要な働きをします。これらを安定化させ、“バテない”体を作りましょう。 (協力/ケアくる)