2020/03/01ザ・ホンダクラシック

フリートウッドが米ツアー初勝利に王手 イム・ソンジェ3差

とリー・ウェストウッドが通算3アンダー3位タイにつけた。 イム・ソンジェ(韓国)は「70」とスコアを伸ばせなかったが、シャール・シュワルツェル(南アフリカ)、ダニエル・バーガーと同じ2アンダー5位タイから逆転を狙う。
2020/03/09アーノルドパーマー招待

ハットンが逃げ切りで米ツアー初勝利 松山英樹は56位

)が2バーディ、2ボギー1ダブルボギー「74」とスコアを落としながら、通算4アンダーで逃げ切った。欧州ツアー4勝の28歳は米ツアーで初勝利。 1打差の2位にマーク・レイシュマン(オーストラリア)。イム
2020/03/07アーノルドパーマー招待

マキロイが2打差4位で決勝へ 松山英樹は「73」で17位

2勝目を狙うカン・スン(韓国)が通算7アンダーの首位で大会を折り返した。1打差の2位にダニー・リー(ニュージーランド)がつけた。 2大会ぶりの優勝を目指す世界ランキング1位のロリー
2020/04/30佐藤信人の視点~勝者と敗者~

1年延期の「東京五輪」 男子代表争いはどう変わる?

トーナメントが実施される可能性があります。 ダスティン・ジョンソンのように五輪出場の回避を表明する選手もいるなか、ウッズはこれまでオリンピアンになることへの強い意欲を語ってきました。ただし、今年に入ってから
2019/12/14プレジデンツカップ

世界選抜が2ptリードで最終日へ 松山英樹も白星で貢献

・シンプソン&パトリック・リードに5アンド3(3ホール残して5アップ)で圧勝。アブラム・アンセル(メキシコ)&イム・ソンジェ(韓国)も白星を重ねるなど世界選抜が2勝1敗1分けとし、9-5とリードを4ptに
2016/01/11ヨーロピアンツアー公式

B.ストーンが困難を乗り越え欧州ツアー初優勝

の4位タイにはレティーフ・グーセン、ブランデン・グレース、キース・ホーン、そしてジャスティン・ウォルターズの南アフリカ人カルテットが入った。 同じく南アフリカのトレバー・フィッシャーJr、そしてこの日ベストの「65」をマークした米国のダニエル
2019/11/07プレジデンツカップ

ジェイソン・デイらを主将指名 「プレジデンツ杯」世界選抜

(オーストラリア)ら4人を主将指名で代表メンバーに選んだ。 ほかに指名されたのはイム・ソンジェ(韓国)、ホアキン・ニーマン(チリ)、アダム・ハドウィン(カナダ)。 各チーム12人のうち、8人は独自のポイント
2019/12/15プレジデンツカップ

ウッズ率いる米国が逆転勝利 世界選抜は21年ぶりV逃す

た。 米国選抜は前半組がポイントを重ね、第3組でダスティン・ジョンソン、第4組でパトリック・リードが連勝。世界選抜は第6組のイム・ソンジェ(韓国)がゲーリー・ウッドランドを破ったが、米国選抜は第7組の
2019/12/13プレジデンツカップ

松山英樹はウッズ組に惜敗 世界選抜が3ポイントリード

トーマスに5mのバーディパットを決められて惜敗した。 第1組のルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)&アダム・スコット(オーストラリア)組が、ダスティン・ジョンソン&マット・クーチャー組を3アンド2(2
2017/07/08ヨーロピアンツアー公式

イムとエベールがトップの座を堅持

「ドバイデューティーフリー アイルランドオープンbyロリーファウンデーション」は、ポートスチュワートGCで好スコアが続出した大会2日目を終え、初日トップだったベンジャミン・エベールとダニエルイム
2019/12/10プレジデンツカップ

21年前のMVP 丸山茂樹が語る「プレジデンツカップ」展望

、世界のどんなコースに行っても対応できると信じていますけどね」 初めてアジア4カ国から 世界選抜メンバーの評価は 12人の世界選抜メンバーのうち、今年は日本の松山、韓国のアン・ビョンフンとイム
2016/12/11ヨーロピアンツアー公式

香港の戦いはカブレラベローが追いつかれる展開に

ラウンドし、さらに1打差にはポール・ダン、ダニエルイム、トンチャイ・ジェイディー、イ・スミン、エドアルド・モリナリ、そしてジェイソン・スクリブナーが続いている。
2015/06/10ヨーロピアンツアー公式

ダイアモンドCCで注目の5人

れる彼は、先週7位と今季初のトップ10入りを果たしている。今週はさらに調子を上げることが見込まれ、待望の欧州ツアー3勝目まであとわずかのところに来ていると見ていいだろう。 ■ダニエルイム 前週
2016/05/07ヨーロピアンツアー公式

ラポルタが単独首位に浮上

バーディを奪い、上がり2ホールをボギー、バーディとして2日目を「68」でラウンドした。 通算4アンダーには米国のダニエルイム、アイルランドのピーター・ローリー、南アフリカのザンダー・ロンバードが