2011/07/21長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント

実力者が上位に!石川遼も10位タイスタート

出遅れてしまった。 <復帰戦の片山「ゴルフをできることが幸せ」> 5月の「ダイヤモンドカップ」以来、ほぼ2ヶ月ぶりのツアー復帰戦となる片山が、5バーディ、ノーボギーの「67」で回り、5アンダー首位タイ
2013/05/31ダイヤモンドカップゴルフ

選手コメント集/ダイヤモンドカップゴルフ 2日目

■丸山大輔 1バーディ、ノーボギー「71」、通算6アンダー首位タイ 「今日は5メートルくらいのチャンスが全然入らなかった。最後の18番は気合を入れてパーを取りました。今日の方が自分らしいゴルフができ
2019/12/10優勝セッティング

石川遼 今季3勝目を呼び込んだ1Wの微調整

、1Wをマイナーチェンジ。キャロウェイゴルフのエピック フラッシュ サブゼロ ドライバー トリプルダイヤモンドのロフトを1度立たせた8.5度のヘッド、さらにシャフトをグラファイトデザイン ツアーAD
2009/07/20プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちのウソ!?<久保谷健一>

で…。ほんとうに嫌になります」。 聞けば5月の「三菱ダイヤモンドカップ」で持病の腰痛が再発したという。そのあと、患部をかばってスイングしているうちに、変なクセがついてしまった。それをどうにか克服しよう
2004/06/21プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの素顔<三橋達也>

これだけやれる」との自信につながったことも確かという。そんな三橋が初優勝をあげた翌週の三菱ダイヤモンドカップで平塚哲二がツアー2勝目。続くJCBクラシック仙台では、三橋の優勝に刺激を受けた日大同期の神山
2013/06/01ダイヤモンドカップゴルフ

選手コメント集/ダイヤモンドカップゴルフ 3日目

■小平智 3バーディ、2ボギー「71」、通算7アンダー2位タイ 「風が吹いてきたけれど耐えられた。前半(2バーディ)は出来すぎ。そのあとはアンラッキーもあったけれど、パーでしのげた。今日も良いゴルフ
2019/09/18佐藤信人の視点~勝者と敗者~

日米ツアー優勝者に見るアマチュア時代の大事な“勝ち癖”

に出場したレギュラーツアー「ダイヤモンドカップ」で9位。高校の2学年上に石川遼選手がいた影響もあり、若い頃から“天才”と称されました。プロ転向翌年の12年に下部チャレンジ(現AbemaTV)ツアーで
2012/05/27GDOEYE

ギャラリー数は今季ワースト 遼不在は影響した?

千葉県のザ・カントリークラブ・ジャパンで開催された国内男子ツアー第6戦「ダイヤモンドカップゴルフ」最終日。藤田寛之が単独トップの座を守り抜き、通算14アンダーで今季2勝目、自身通算13勝目をマークし
2012/05/23ダイヤモンドカップゴルフ

【鈴木規夫氏インタビュー】トーナメントコースの仕上げ方

――トーナメント開催に向けて、どんな作業が必要だったのでしょう? 今年のダイヤモンドカップゴルフは、千葉県木更津市にある「ザ・カントリークラブ・ジャパン」で初開催される。もともと法人会員向けだった
2008/06/16プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちのチャリティ活動<藤田寛之>

を忠実に守り、次のツアー通算7勝目をにらんでいる。 ちなみに写真は、三菱ダイヤモンドカップゴルフのときの練習風景だ。たまたまそばを通りかかった横尾要に「それってホントに効果あるのぉ~?」と茶々を入れ
2017/09/21旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.19 千葉編

僕は、千葉にいます。 欧州から帰国して、前週の北海道での日本ツアーに続き、今週はアジアンツアーとの共同主管試合「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ」に出場します。会場のカレドニアン・ゴルフ
2005/06/06プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちのハプニング<横田真一>

ジャパンゴルフツアーの選手会長・横田真一がいまハマっているのは、コース池にいる魚の餌付けだ。先月の三菱ダイヤモンドカップの3番パー3は、浮島グリーンが美しいホールだった。グルリと取り囲む池には、釣り
2016/09/04アジアンツアー公式

アジアンツアー通信/2016年9月号

ツアーメンバーが1勝を挙げている。2014年、結果的にその年の賞金王に輝いた米国のデビッド・リプスキーだ。 その数週間後、我々は日本ツアーと共催のアジアパシフィックオープン・ダイヤモンドカップのために
2015/07/08ミュゼプラチナムオープンゴルフトーナメント

元阪神・眞弓明信が男子プロツアー初参戦

やっていきたいです」と初めて踏むツアーの舞台を見据えた。 【近年の主な元プロ野球選手の成績】 ■大久保博元 2002年「ダイヤモンドカップ」/予選落ち 「タマノイ酢よみうりオープン 」/予選落ち