ニュース

国内男子ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

先週優勝のJ.チョイが首位! 藤田らが2位、小田孔は出遅れる

◇国内男子◇ダイヤモンドカップゴルフ 初日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(千葉県)7199ヤード(パー72)

ジェイ・チョイの勢いが止まらない。先週ツアー初優勝を飾った「とおとうみ浜松オープン」からの好調を継続、8バーディ、ノーボギーの「64」をマーク。上位で演じられたバーディ合戦を引っ張り、後続に2打差をつける8アンダー単独首位発進とした。

6アンダーの2位タイに、2010年覇者のキム・キョンテ(韓国)ほか、藤田寛之谷岡達弥が続く。5アンダーの5位タイに上平栄道兼本貴司小平智。4アンダーの8位タイに、鈴木亨篠崎紀夫ら5人が続く。池田勇太は、谷口徹らと並びイーブンパーの58位タイ。大会連覇を狙う小田孔明は、2オーバーの100位タイと大きく出遅れた。

<ジェイ・チョイ、2週連続優勝よりも…>
待望のツアー初優勝からわずか4日後。チョイは今週もトーナメントを引っ張る存在となった。出だしの10番で残り131ヤードの第2打を、9番アイアンでピン右50センチにつけるショットでバーディを奪うと、その後もエンジン全開。「先週からゾーンに入っているという感じ」と勢いは衰えず、前半イン、後半アウトともに4つのバーディを決めて「64」をたたき出した。

同組でラウンドしたキム・キョンテ(韓国)も「ジェイは完璧だった。もっと行けそうな感じだった」と驚嘆するほどのラウンド。初勝利からまだ日が浅く、今大会のクラブハウスでもいたるところで、祝福の声を浴び、周囲には和やかムードも漂う。だが当の本人は「月曜日からは新しい試合のことしか考えていない。優勝して、自信になるかと思ったけれどそうでもない。いつもと変わらない」と、貪欲な姿勢をキープしたままだ。

2大会連続優勝となれば、2008年シーズンのプラヤド・マークセン(三菱ダイヤモンドカップゴルフ、ミズノオープンよみうりクラシックで連勝)以来。2週連続、となると07年の谷原秀人(フジサンケイクラシック、サントリーオープン)以来となる。だが「2週連続優勝ではなく、今週も勝ちたい、というだけ」とサングラスを取り、金髪を掻き分ける28歳。独走を阻む選手は果たして?

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。