2018/11/19ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」制覇から不振 ウィレットが歓喜の復活優勝

ボギーの「70」でこの日をラウンドした。 通算13アンダーの7位タイにはディラン・フリッテリとトム・ルイスが入り、その1打後方の9位タイにはキラデク・アフィバーンラト、セルヒオガルシア、そしてアレックス・ノレンが入った。
2019/01/21ギアニュース

スパイダー10周年 視覚効果アップを狙った「X」発売

。前作「スパイダー ツアー レッド 」はジェイソン・デイ、セルヒオガルシア、ジョン・ラームが使用し、「スパイダー ツアー ブラック」はダスティン・ジョンソンが使用するなど、モデル別の使用率ツアーNo.1
2019/01/17SMBCシンガポールオープン

雷雨で半数が終えられず 池田勇太が暫定2位、石川遼は22位

つけた。 終盤3ホールで2ボギーをたたいた石川遼は「69」で回り、比嘉一貴、チェ・ホソン(韓国)、大会連覇を狙うセルヒオガルシア(スペイン)らと同じ2アンダーの暫定22位タイで終えた。 前年度賞金王
2019/01/18SMBCシンガポールオープン

ケーシーが暫定首位浮上 石川遼は9ホール残して日没順延

の途中で順延となった石川遼(9ホール終了)と川村昌弘(5ホール終了)らが通算4アンダーの暫定15位タイで翌朝の再開を待つ。 前年覇者のセルヒオガルシアは8ホールを終えて、通算3アンダーの暫定21位に
2017/10/22アンダルシアバルデラマ マスターズ

ガルシアが“6年越し”連覇へ1打差首位

◇欧州男子◇アンダルシアバルデラマ マスターズbyセルヒオガルシアファウンデーション 3日目(21日)◇レアル・クラブ・バルデラマ (スペイン)◇6991yd(パー71) 2位から出た大会ホストで
2018/04/18バレロテキサスオープン

ノーマン&ガルシアの設計コースに実力者が集結

・ノーマン(オーストラリア)設計のコースに、アイデアを加えたセルヒオガルシア(スペイン)が自ら出場する。 多くのネイティブエリアや深いバンカーが待ちかまえ、選手にショット精度の高さを求める舞台。前年大会
2017/10/20アンダルシアバルデラマ マスターズ

大会ホスト自ら主役に ガルシアが首位発進

◇欧州男子◇アンダルシアバルデラマ マスターズbyセルヒオガルシアファウンデーション 初日(19日)◇レアル・クラブ・バルデラマ (スペイン)◇6991yd(パー71) 大会ホストを務めるセルヒオ
2018/01/23オメガドバイデザートクラシック

中東連戦に谷原秀人が出場 ガルシア2連覇なるか

。昨年はセルヒオガルシア(スペイン)が通算19アンダーとし、4日間首位を守る完全優勝を遂げた。 ガルシアは、前週の日本とアジアの共同主管競技「SMBCシンガポールオープン」を後続に5打差をつけて圧勝
2018/11/21ホンマ香港オープン

パトリック・リードは欧州でもトップを目指す

位のトミー・フリートウッドは今大会のフィールド中、世界ランキングの最も高い選手として粉嶺に降り立つ。 多くの耳目がフリートウッド、リード、そして同じくグリーンジャケットの持ち主であるセルヒオガルシア
2017/11/22ヨーロピアンツアー公式

マスターズ覇者と金メダリスト 香港で新シーズンへ抱負

輝かしい2017年シーズンを送ったセルヒオガルシアは、「レース・トゥ・ドバイ」の新シーズンを「UBS香港オープン」でスタートさせる。 今年はゴルフコースの内外で充実の1年を過ごしたスペインの
2018/01/18SMBCシンガポールオープン

ガルシアが5アンダー暫定首位 石川遼は2アンダー

雷雲接近のため中断し、出場156人のうち78人がホールアウトできず、日没順延となった。 2017年「マスターズ」覇者のセルヒオガルシア(スペイン)が1イーグル4バーディ、1ボギーの「66」でプレー
2018/01/04ツアーギアトレンド

ガルシアがキャロウェイと用具契約 昨季の最優秀新人も

キャロウェイゴルフは2日(火)、2017年の「マスターズ」でメジャー初制覇を果たした世界ランキング10位のセルヒオガルシア(スペイン)と用具使用契約を締結したことを発表した。ガルシアは昨年10月
2018/10/01ライダーカップ

5戦全勝のモリナリが欧州を勝利へ導く

トービヨーン・オルセンとジョン・ラームがそれぞれジョーダン・スピースとタイガー・ウッズに勝利し、流れを引き寄せた。 その後は経験豊富なモリナリ、イアン・ポールター、セルヒオガルシア、そしてヘンリック
2018/11/24ホンマ香港オープン

“両手袋の男”が6打差快走 宮里優作は34位

・フィッツパトリック(イングランド)とトミー・フリートウッド(イングランド)が続いている。通算9アンダーの4位には、「64」で急浮上したセルヒオガルシア(スペイン)とジェイソン・スクリブナー