ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 場所:サザンヒルズCC(オクラホマ州)

S.ガルシア、P.ミケルソンがスコアを伸ばし、優勝争いは激しくなってきた!

2001/06/17 09:00

快晴に恵まれた大会3日目。前日もサスペンデッドになった為この日も早朝からラウンドが再開された。そして決勝ラウンドにっ入ると30度を超える暑さに、優勝争いも熱を帯びてきた。

日本勢で唯一決勝に残った伊沢利光は3オーバーからスタートした。2番から5番ホールまで4連続でボギーを叩いてしまい、一気に7オーバーまでスコアを落とした。その後は調子を戻し、2バーディを奪ったが、終盤2つのボギーで結局7オーバーでこの日のラウンドを終了した。

<< 下に続く >>

タイガーウッズは予選ラウンドを5オーバーのトップと9打差と、下から数えたほうが早い順位で通過した。

決勝ラウンドに入り、ショットはピンに絡むようになってきた。しかし、パッティングが本調子とはいかず、バーディラッシュにはならなかった。この日4バーディ、3ボギーとようやくバーディが上回りスコアを1つ伸ばした。通算4オーバーの23位タイで最終日を迎える。

上位陣は一進一退の攻防を繰り広げた。唯一3日間ともアンダーパーで回っているS.シンクがこの日もスコアを3つ伸ばし5アンダーで先にホールアウトしたR.グーセンに追いついた。この2人を1打差で追うのはS.ガルシアM.ブルックス、R.メディエートの3人。今シーズン米ツアーで初優勝を上げているガルシアは、5バーディ、3ボギーとガルシアらしいアグレッシブなゴルフを見せた。

また、さらに1打差にはP.ミケルソンがつけている。ショットが好調のミケルソンは、13番パー5でピン横1.5メートルにつける2オンに成功した。しかし、このイーグルパットを外すと、返しのバーディパット(80センチ)も外してしまった。ここで意気消沈してしまうかと思われたが、続く14番パー3で見事にバーディを奪った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!