2019/11/13ネッドバンクゴルフチャレンジ

川村昌弘が南アフリカで逆転ドバイ切符に挑戦

、南アフリカと世界を股にかける連戦で逆転を目指す。 昨年大会はリー・ウェストウッド(イングランド)が最終日に「64」をマークして首位セルヒオガルシア(スペイン)をとらえ、逆転で2014年
2019/10/29

今平周吾が高級時計・オメガとアンバサダー契約

飛躍を遂げたいです」とコメントした。 ロリー・マキロイ(北アイルランド)、セルヒオガルシア(スペイン)、トミー・フリートウッド(イングランド)、女子プロのミッシェル・ウィらが名を連ねるオメガファミリー
2019/10/29WGC HSBCチャンピオンズ

上海での世界選手権 日本勢は松山英樹、石川遼ら5人が出場

チャンピオンシップ」に続き、アダム・スコット(オーストラリア)、ジョーダン・スピース、セルヒオガルシア(スペイン)らスター選手で彩られた。 日本勢は前週大会2位の松山のほか、アジアンツアーの賞金
2019/10/21ZOZOチャンピオンシップ

石川遼は“ZOZO”で2年ぶりの米ツアー「現在地を知りたい」

、やはり海の向こうでの実体験から。「アジアでセルヒオガルシア(スペイン)、シュバンカー・シャルマ(インド)と回っていると、自分のアイアンショットがピンから10mという場面でも、彼らは“ベタピン”、2m
2019/10/08ヨーロピアンツアー公式

記録破りのラーム マドリードで2連覇達成

だ。 ウィンザーは1イーグル、6バーディで今週の最少スコアに並ぶ「63」をマーク。ハンセンは「66」、アーナスは「68」とした。 首位と10打差の7位タイには、セルヒオガルシア、ジャスティン・ハーディング、川村昌弘、ザンデル・ロンバルド、そしてジェイソン・スクリブナーが入った。
2019/10/02ヨーロピアンツアー公式

レアルファンのガルシアが“敵地”でナイスショット

サッカーのスペイン1部リーグ、レアル・マドリードのファンでもあるセルヒオガルシア(スペイン)がライバルチームでもあるアトレティコ・マドリードの本拠地ワンダ・メトロポリターノへと潜入した。 ガルシア
2019/10/02ヨーロピアンツアー公式

「スペインオープン」で知っておくべき5つのこと

、1952年から53年にかけてのマックス・フォークナー。ラーム以外では、アントニオ・ガリード(1972)、セベ・バレステロス(1981、1985、1995)、セルヒオガルシア(2002)、アルバロ
2019/09/27中古ギア情報

「ZOZO―」で人気再燃ドライバーを予想する

エピック フラッシュ サブゼロ ドライバー」。こちらは欧州ツアーの「KLMオープン」で優勝したセルヒオガルシアも使用している。中古ショップでの人気が高く在庫はまだ少なめで、価格は4万円台からとなっている
2019/09/18ZOZOチャンピオンシップ

『ZOZO』 PGAツアー初の2グリーン使い分けホールも

。 すでにタイガー・ウッズ、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、松山英樹、ジェイソン・デイ(オーストラリア)、セルヒオガルシア(スペイン)、小平智、石川遼らの出場が決まっており、練習日、本戦ともにチケット
2019/09/16ヨーロピアンツアー公式

ガルシアが初出場のKLMオープンを制覇

「KLMオープン」初出場のセルヒオガルシアが激闘を1打差で制し、ヨーロピアンツアー通算16勝目を挙げた。 記念の第100回大会がザ・インターナショナルで開催されるなか、アムステルダムでの大会は
2019/09/16KLMオープン

ガルシアが新鋭を振り切る 谷原27位、宮里49位

◇欧州男子◇KLMオープン 最終日(15日)◇ザ・インターナショナル(オランダ)◇7039yd(パー72) 首位スタートのセルヒオガルシア(スペイン)が7バーディ、4ボギーの「69」で回り、後続を
2019/09/14KLMオープン

宮里優作が100位から25位に浮上 ジェイミソン首位

アンダーの単独首位に浮上した。2013年以来のタイトルに向けて、後続に2打差をつけて決勝ラウンドに臨む。 通算9アンダーの2位にセルヒオガルシア(スペイン)、マシュー・サウスゲート、カラム・シンクィン
2019/09/13KLMオープン

谷原秀人は17位発進 ガルシア9位、宮里優作は出遅れ

100回目の記念大会をスタートした。 上位は混戦模様。5アンダーの2位にガビン・グリーン(マレーシア)、マシュー・サウスゲート(イングランド)ら7人。4アンダーの9位にセルヒオガルシア(スペイン)ら
2019/09/11KLMオープン

100回大会にメジャー覇者ら参戦 日本勢は谷原&宮里

。メジャー2勝のマルティン・カイマー(ドイツ)がエントリー。そのほか、17年に「マスターズ」を制したセルヒオガルシア(スペイン)、18年大会覇者のパトリック・リードらも参戦し、大会を盛り上げる。日本勢からは谷原秀人と宮里優作が出場する。