2019/09/16ソルハイムカップ

欧州選抜が勝利 米国選抜は3連覇ならず

大きく動く。第7マッチのリゼット・サラスからジェシカ・コルダ、ブリタニー・オルトメアまで3連勝を飾り米国が主導権をつかんだが、直後から欧州が反撃に転じた。 第10マッチのスーザンペターセン(ノルウェー
2017/06/09マニュライフLPGA

36歳ペターセンが首位発進 上原、畑岡は出遅れ

◇米国女子◇マニュライフLPGAクラシック 初日(9日)◇ホイッスルベアー(カナダ)◇6613yd(パー72) 2015年の大会覇者で36歳のスーザンペターセン(ノルウェー)、24歳のイ・ミヒャン
2017/01/10

米女子メジャー2勝のペターセンが結婚&挙式

米女子メジャー2勝のノルウェーのスーザンペターセン(35歳)が、7日に婚約者のクリスタン・リングボルドさんと挙式したことを自身のTwitterで報告した。 「天にも昇る気分(On top of
2017/07/11ヨーロピアンツアー公式

「スコットランドオープン」の大会アラカルト

ナンバーワンだったリディア・コーや、「ソルハイムカップ」プレーヤーのスーザンペターセンが出場した2015年の「女子スコットランドオープン」後、クラブのオーナーたちは新しいクラブハウスの建設を含むコースの改修
2017/11/19CMEグループ ツアー選手権

ミッシェル・ウィら4人首位 年間女王レース混戦

・カウフマン、アリヤ・ジュタヌガン(タイ)、スーザンペターセン(ノルウェー)の3人と並んだ。ウィは2014年「全米女子オープン」以来、3年ぶりの優勝がかかる。 年間ポイントレースでトップのレキシー
2017/11/17CMEグループ ツアー選手権

今季未勝利のリディア・コーが3位発進 上原彩子は36位

・ソンヒョン(韓国)、スーザンペターセン(ノルウェー)ら5人が5アンダーの3位で追う。 上原彩子は2バーディ、1ボギーの「71」として1アンダーの36位とした。年間女王レースでトップに立つレキシー・トンプソンらが並んだ。
2017/04/03ANAインスピレーション

トンプソン4罰打でPO負け ユ・ソヨンが2度目のメジャーV

に対して、ユは1.5mのバーディパットを決めた。 朴仁妃(韓国)、スーザンペターセン(ノルウェー)、ミンジー・リー(オーストラリア)の3選手が通算13アンダー3位で並んだ。 上原彩子が通算3アンダー
2017/07/18全米女子オープン

トランプ大統領は「全米女子オープン」で何をしたか?

よれば、クリスティ・カー、ポーラ・クリーマー、サンドラ・ガル(ドイツ)、スーザンペターセン(ノルウェー)、レキシー・トンプソン、そして15歳のアマチュア、レイチェル・ヘックがスカイボックスに招待された
2017/04/01ANAインスピレーション

【第1R速報】イ・ボミは1アンダー33位T発進 カーら3人が首位

。クリスティ・カー、カロリン・マソン(ドイツ)、カリン・イシェール(フランス)の3人が、5アンダーで首位タイに並んだ。 首位と1打差、4アンダー4位タイにスーザンペターセン(ノルウェー)、チャーリー
2017/04/01ANAインスピレーション

35歳ペターセンが暫定首位 宮里藍らは伸ばすも日没順延

ず、日没サスペンデットとなった。35歳のスーザンペターセン(ノルウェー)が予選2日間を「68」「69」で終えて、通算7アンダーの暫定首位に立っている。 1打差の通算6アンダーで、ホールアウトした
2017/04/02ANAインスピレーション

【2R速報】日本勢は4人が予選通過 トンプソン首位で決勝へ

3ラウンドは引き続き同11時30分にスタート予定。 通算7アンダーの2位タイに、ミッシェル・ウィ、パク・ソンヒョン(韓国)、ユ・ソヨン(韓国)、スーザンペターセン(ノルウェー)の4人。通算6アンダー
2017/03/03HSBC女子チャンピオンズ

朴仁妃が単独首位 ウィ1打差2位、野村敏京38位

)の3人。通算8アンダーの5位に、スーザンペターセン(ノルウェー)とパク・ソンヒョン(韓国)の2人が並んだ。 世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)は通算7アンダーとして、今季第2戦
2017/04/02ANAインスピレーション

L.トンプソンが大会2勝目に王手 日本勢は上位に絡めず

」でプレーし、通算13アンダーでその座をキープ。平均飛距離270ydを誇る22歳の飛ばし屋が後続に2打差をつけ、2014年に続く大会2勝目に前進した。 通算11アンダーの2位にスーザンペターセン
2017/06/10マニュライフLPGA

トンプソンら首位浮上 畑岡奈紗は体調不良で棄権

(オーストラリア)らが通算10アンダー7位につけた。 初日首位のスーザンペターセン(ノルウェー)は10位に後退。同じく首位だったイ・ミヒャン(韓国)は16位に下がった。 ともに97位と出遅れた上原彩子は通算4オーバーで予選落ち。畑岡奈紗は体調不良で途中棄権した。