ニュース

米国女子カパルアLPGAクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 カパルアLPGAクラシック
期間:10/16〜10/19 ベイコースカパルアリゾート(ハワイ州)

S.ペターセンとB.ラングが首位を争う!桃子、藍は予選通過!

米国女子ツアー第29戦の「カパルアLPGAクラシック」が、米国ハワイ州にあるベイコースカパルアリゾートで開幕。スーザン・ペターセン(ノルウェー)と、ブリタニー・ラングが、通算4アンダーで首位を分け合っている。

単独首位からスタートしたペターセンは、2バーディ、2ボギーと我慢のゴルフで通算4アンダーをキープ。ここに、2位タイからスタートし、3バーディ、2ボギーでラウンドしたラングが追いつき、首位タイで明日からの決勝ラウンドに臨むことになった。

首位と1ストローク差の通算3アンダー、3位タイには、ローラ・ディアス、アレナ・シャープ(カナダ)ら6人が並んでいる。特にシャープは、各選手がスコアメイクに苦しむ中、7バーディ、2ボギーと攻めの姿勢を貫き、60位タイから一気に優勝争いに加わっている。明日からの後半戦、非常に楽しみな存在だ。

一方、スタートでつまずいたロレーナ・オチョア(メキシコ)は、6バーディを奪う巻き返しを見せ、通算1アンダー、11位タイに浮上。本来の実力を持ってすれば、残り2日で優勝争いに絡んでくる可能性は十分。その動向に注目が集まる。

41位タイで2日目を迎えた上田桃子は、1バーディ、2ボギーと、1つスコアを落とし、通算2オーバー。しかしながら、順位は32位タイに上げている。宮里藍は、前半は粘りを見せたものの、後半11番から連続ボギーを叩いてしまい、通算4オーバー。ギリギリの62位タイで予選通過を果たしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 カパルアLPGAクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。