2015/05/10ヨーロピアンツアー公式

クッツェーが1打リードの首位に浮上

フェアウェイからのチップインでイーグルを奪うなど、フロントナインで目覚ましいパフォーマンスを見せたジョージクッツェーが首位で「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の最終日を迎えることとなった
2015/05/11ヨーロピアンツアー公式

クッツェーがオルセンをプレーオフで退け優勝

好調の続くジョージクッツェーがプレーオフ2ホール目でトービヨン・オルセンを下し、「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」を制した。 フィールド中最もランキングの高い選手としての面目躍如を果たした
2013/03/17PGAコラム

「タンパベイ選手権」 3日目レビュー

、天候に恵まれていたとしても、極めて難しいコースだ。次の1打に集中する以外のことは考えるべきではない。 大会3日目、4アンダーの「67」をマークしたレナードは、ケビン・ストリールマンとジョージ
2020/03/10ヨーロピアンツアー公式

カンピージョがプレーオフを制しカタールで戴冠

スウェーデンのマーカス・キンハルト、イタリアのニノ・ベルタシオ、南アフリカのジョージクッツェー、スペインのパブロ・ララサバル、そしてイングランドのクリス・ペイズリーが入った。
2020/03/03ヨーロピアンツアー公式

サミ・バリマキがオマーンでヨーロピアンツアー初制覇

(イタリア)とミッコ・コルホネン(フィンランド)が入り、その2打後方にはアレハンドロ・カニサレス(スペイン)、ジョージクッツェー(南アフリカ)、18歳のラスムス・ホイガールト(デンマーク)、そしてジョーダン・スミス(イング…
2015/03/29ヨーロピアンツアー公式

終盤のチャージでワッテルが優勝戦線に

・ラムジーと通算7アンダーで並んだ。 1打差で追うグループのなかには、来月の「マスターズ」出場へ向け、今大会の優勝が必要な南アフリカのジョージクッツェーも含まれている。 「胸躍るバックナインでした」と
2014/10/19ヨーロピアンツアー公式

“穴馬”のクッツェーがベスト4進出

素晴らしいゴルフで「ライダーカップ」の米国選抜選手パトリック・リードを撃破した南アフリカのジョージクッツェーは、土壇場での大会出場となった「ボルボ世界マッチプレー選手権」でキャリア最高額の賞金を手
2013/05/18ヨーロピアンツアー公式

エイケンが通過しポールターが敗退

、ハンソン(スウェーデン)、シェーン・ローリー(アイルランド)、そしてジョージクッツェー(南アフリカ)の全員が2ポイントで終え、勝負の行方はプレーオフへ。2ホール目でクッツェーがボギーを叩き脱落する
2014/10/17ヨーロピアンツアー公式

ララサバル 最終ホールで辛くも接戦制す

望みを絶たれた。 ジョージクッツェーとの初戦を引き分けたステンソンは、2ダウンで前半を終えるも、10番と 11番を取って勝負を振り出しに戻した。 12番を取ったモリナリが再度リードする展開になったが
2015/03/15ヨーロピアンツアー公式

クッツェーらが混戦の首位グループに加わって最終日へ

6人が並ぶ首位グループに、地元の人気選手ジョージクッツェーが加わった「ツワネオープン」は、手に汗握る展開が約束された最終日を迎えることとなった。 10歳のときに今大会の開催地であるプレトリアCCで
2017/02/21ヨーロピアンツアー公式

知っ得!「ヨハネスブルグオープン」の大会アラカルト

ている。この他では、ブランデン・グレース、ジョージクッツェー、そして昨年の覇者であるポルテウスがこの大会での母国優勝を果たしている。 2017年大会のフィールド/頂点の座を210人が争う 今季最大
2015/01/24ヨーロピアンツアー公式

魔法の瞬間を演出し優勝争いに踏み止まったグレース

・ペパレルは、この日のベストスコアとなる「65」で自ら誕生日に花を添え、通算11アンダーとして、スペインのアレハンドロ・カニサレス、そして南アフリカのジョージクッツェーと3位タイで並んでいる。 一方
2015/03/01ヨーロピアンツアー公式

ヨハネスブルグでの任務遂行を目指すワリー・クッツェー

ジョージクッツェーと「南アフリカオープン」王者のアンディ・サリバンがつけている。 2015年はこれまで4大会へ出場し、予選通過はわずか1回のみのハウエルは、「今季はスロースタートとなったので
2019/10/22ヨーロピアンツアー公式

36歳のコルサーツがパリで復活優勝

。 残り6ホールの時点でジョージクッツェーが2打差の首位に立つと、トップに並んだ2人が15番で池につかまったことで、ヨアキムB・ハンセンが首位に。しかし、最後はこの日「72」をマークして通算12
2020/01/14ヨーロピアンツアー公式

“アメイジング・グレース”が母国で復活優勝

素晴らしい1週間を締め括った18歳のアマチュア、ジェイデン・トレイ・シャパーのほか、同じく南アフリカのジョージクッツェー、ヘニー・ドプレシス、J.C.リッチー、マーティン・ローワー、そしてイングランド出身で2015年の大会…