ニュース

欧州男子ハッサンII ゴルフトロフィーの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ハッサンII ゴルフトロフィー
期間:03/13〜03/16 ゴルフ・ドゥ・パレロイヤル(モロッコ)

モロッコの先にあるジョージアを見つめるジョージの眼差し

今週、ヨーロピアンツアー2勝目を目指して「ハッサンII ゴルフトロフィー」に出場するジョージ・クッツェーは、きらびやかなゴルフ・ドゥ・パレロイヤルのコースを楽しむことに加え、その先にあるジョージアを見据えて戦うことになる。なにしろ、彼はこの大会で優勝を飾ることができれば、マスターズへの出場権を手にすることになるのだ。

公式世界ゴルフランキングの上位50選手が1ヶ月後にオーガスタナショナルGCの地を踏むことを許されるが、現在クッツェーのランキングは54位。アガディールでのデビューを飾った2011年の大会で4位に入り、ヨーロピアンツアーの選手として一躍その名を馳せた南アフリカのクッツェーは、その際に披露した好パフォーマンスの再現を狙っている。

それはクッツェーにとって当時の最高成績であり、先月の「ヨハネスブルグオープン」でツアー初優勝を飾ったクッツェーにとっては既に過去の記録となっているのだが、彼は今でも2011年のモロッコで発揮したパフォーマンスが彼のキャリアにおける転機となったと、その時のことを振り返る。

彼はこう語った。「ここで最後にプレーしたのは3年前で、その時は4位に入ったのだけれど、あれにより加速度的に自信が深まったんだ。と言うのも、まだツアーに参加して間もない時期だったし、それまでの最高位になったはずだからね。いろんな意味で、あそこから全てが始まったんだ。あれ以来、ようやくツアーの一員になれた気がしたからね。これからもこの大会は僕にとって特別なものになるね」。

「そうでなくてもこの週は特別なんだ。素晴らしいゴルフコースだし、王宮の中でゴルフができるのはごく限られた幸運なプレーヤーに限られているからね。素敵な大会なので、ここへ来られてワクワクしているよ。良1週間を送って、マスターズへの道が開ければ良いのだけど。そうなれば特別な1週間が更に特別なものになるね」。

もし彼にとって2度目のマスターズ出場がかなえば、それは彼が出場したここ6大会のヨーロピアンツアーで4度トップ10入りを果たしている奮闘への見返りに他ならない。

プレトリア出身のクッツェーによるこの一連の好成績には、前述のヨハネスブルグでの初勝利も含まれる。昨年の「コマーシャルバンク・カタールマスターズ」での2位を含め、過去3シーズンに3度にわたって2位で悔し涙を飲み、その果てに遂げた優勝だった。

クッツェーはこう述べた。「ようやく待望の勝利を挙げることができて良かったよ。ずっと勝てるとは思っていたけど、思ったより長くかかってしまったからね。ただ、優勝したからって、ゴルフが容易になったとは言わないよ。決してゴルフは容易になったりなんかしないから」。

「ただ、少し自由にスイングできるようになった気がするし、もう結果を気にすることなく自然体で自分のプレーができるようにはなったかな。そして、そういう気持ちが今週に向けて、ひいては今季の残りの大会に向けての良い兆候となっているんだ」。

関連リンク

2014年 ハッサンII ゴルフトロフィー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~