最近のニュース 新着一覧≫


2020/09/21ポルトガルオープン

21歳のレフティが欧州ツアー初勝利 クッツェーは連勝ならず3位

(スペイン)。前週の「ポルトガルマスターズ」からの連勝がかかったジョージクッツェー(南アフリカ)はアンドリュー・ウィルソン(イングランド)と並び15アンダーの3位タイだった。 ビクトル・ロペスが地元ポルトガル勢の最高位、1…
2020/09/14ポルトガルマスターズ

川村昌弘は初勝利ならず5位 クッツェーが5勝目

◇欧州男子◇ポルトガルマスターズ 最終日(13日)◇ドムペドロ ビクトリアGC (ポルトガル)◇7191yd(パー71) ジョージクッツェー(南アフリカ)が単独首位から5バーディ、ボギーなしの
2020/09/18ポルトガルオープン

単独首位は世界ランク1684位 クッツェーは2連勝へ8位発進

(フランス)が2打差の2位タイ。ジュリアン・スリら4人が4アンダー4位タイにつけた。 メジャー「全米オープン」と同週に開催され、フィールドの世界ランク最上位は85位のジョージクッツェー(南アフリカ)。前週の「ポルトガルマス…
2020/09/20ポルトガルオープン

上位は3日目終えて決勝ラウンド開始できず 3人が暫定首位

ホールを消化しただけとなっている。 前週の「ポルトガルマスターズ」に続く通算6勝目を狙うジョージクッツェー(南アフリカ)は3ホールを終えて5アンダーの暫定11位タイ。 第3ラウンドは20日の午前8時15分に再開される。
2020/09/15ヨーロピアンツアー公式

全米OPに向けて上り調子のフリートウッド

選手は、3日目を終えて首位に立ったジョージクッツェー(南アフリカ)と5打差で最終日を出ると、17番と18番で連続バーディを奪うなど「64」をマーク。優勝したクッツェーと2打差の通算13アンダー3位
2020/09/16ポルトガルオープン

「イベリアスイング」最終戦は下部ツアーと共同開催

。ことしはレギュラーとを兼ね、獲得賞金は両ツアーのランキングに反映される。 前週の試合で最終日を1打差2位からスタートして今季最高位の5位で終えた川村昌弘は出場しない。フィールドにはジョージクッツェー
2020/09/24旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.94 北アイルランド編

の郊外、バリミーナ。内陸部にあるリゾート地で行われます。 2週前の「ポルトガルマスターズ」は5位でした。最終日最終組でスタートし、前半にバーディを続けてトップにもなりましたが、一緒に回ったジョージ
2015/05/10ヨーロピアンツアー公式

クッツェーが1打リードの首位に浮上

フェアウェイからのチップインでイーグルを奪うなど、フロントナインで目覚ましいパフォーマンスを見せたジョージクッツェーが首位で「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の最終日を迎えることとなった
2015/05/11ヨーロピアンツアー公式

クッツェーがオルセンをプレーオフで退け優勝

好調の続くジョージクッツェーがプレーオフ2ホール目でトービヨン・オルセンを下し、「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」を制した。 フィールド中最もランキングの高い選手としての面目躍如を果たした
2013/03/17PGAコラム

「タンパベイ選手権」 3日目レビュー

、天候に恵まれていたとしても、極めて難しいコースだ。次の1打に集中する以外のことは考えるべきではない。 大会3日目、4アンダーの「67」をマークしたレナードは、ケビン・ストリールマンとジョージ
2015/03/29ヨーロピアンツアー公式

終盤のチャージでワッテルが優勝戦線に

・ラムジーと通算7アンダーで並んだ。 1打差で追うグループのなかには、来月の「マスターズ」出場へ向け、今大会の優勝が必要な南アフリカのジョージクッツェーも含まれている。 「胸躍るバックナインでした」と
2014/10/19ヨーロピアンツアー公式

“穴馬”のクッツェーがベスト4進出

素晴らしいゴルフで「ライダーカップ」の米国選抜選手パトリック・リードを撃破した南アフリカのジョージクッツェーは、土壇場での大会出場となった「ボルボ世界マッチプレー選手権」でキャリア最高額の賞金を手
2013/05/18ヨーロピアンツアー公式

エイケンが通過しポールターが敗退

、ハンソン(スウェーデン)、シェーン・ローリー(アイルランド)、そしてジョージクッツェー(南アフリカ)の全員が2ポイントで終え、勝負の行方はプレーオフへ。2ホール目でクッツェーがボギーを叩き脱落する
2014/10/17ヨーロピアンツアー公式

ララサバル 最終ホールで辛くも接戦制す

望みを絶たれた。 ジョージクッツェーとの初戦を引き分けたステンソンは、2ダウンで前半を終えるも、10番と 11番を取って勝負を振り出しに戻した。 12番を取ったモリナリが再度リードする展開になったが