2020/09/14全米オープン

2020年「全米オープン」出場者&資格

タイラー・ダンカン マーク・ハバード ダニー・リー 17 欧州ツアーUKスイング初戦から第5戦までのトータルポイント上位10人<有資格者除く> アンディサリバン ラスムス・ホイゴー レナート
2015/10/19ヨーロピアンツアー公式

サリバンがシーズンハットトリックを達成

「ポルトガルマスターズ」を見事ワイヤー・トゥ・ワイヤーで勝利したアンディサリバンが、今季のヨーロピアンツアーではまだ誰も成し遂げていなかったシーズン3勝目をマークした。 5打差の首位で最終日を迎え
2015/11/22ヨーロピアンツアー公式

ドバイでの終幕はマキロイとサリバンによる最終決戦へ

ロリー・マキロイは「レース・トゥ・ドバイ」制覇へ向けジュメイラ・ゴルフエステーツで最高の位置につけたが、「DPワールドツアー選手権」2勝目を手にするにはアンディサリバンをかわさなければならない
2016/10/18ヨーロピアンツアー公式

ポルトガルマスターズの知っておくべきアラカルト

振り返る イングランドのアンディサリバンは、まばゆいばかりの煌めきを放った昨年のプレーの再現を熱望していることだろう。なにしろ、彼は昨年、大会記録となる9打差の勝利を飾り、華々しいかたちでヨーロピアン
2021/01/01ヨーロピアンツアー公式

欧州ツアー2020年シーズン記録誕生の瞬間を振り返る

間も続き、「イングリッシュ選手権」では、優勝したアンディサリバンが4日間を「257」でラウンドし、ヨーロピアンツアーの最少通算スコア記録を更新した。それまでの記録だった「258」は、先ず1988年の
2017/03/23ヨーロピアンツアー公式

復調のケルドセンがマキロイを撃破

がプレーできたし、ほとんどミスショットをしなかったからね」とラーム。 グループ15では、ブランデン・グレースがアンディサリバンを4&2で下す余裕の勝利を挙げた。 サリバン
2020/12/02ヨーロピアンツアー公式

「ゴルフ in ドバイ選手権」で知っておくべき5つのこと

であり、いずれもトップ20圏内につけるラスムス・ホイゴー、アンディサリバン、トーマス・デトリー、そしてサミ・バリマキといった選手たちも、さらなるジャンプアップを目指して今週の大会に出場する
2020/08/24ISPS HANDA ウェールズオープン

ロマン・ランガスクが5打差逆転でツアー初優勝 川村昌弘は37位

) ジャスティン・ハーディング(南アフリカ) サム・ホースフィールド(イングランド) トーマス・デトリー(ベルギー) アンディサリバン(イングランド) ラスムス・ホイゴー(デンマーク) レナート・パラトー…
2015/01/11ヨーロピアンツアー公式

”スーパー”シュワルツェルが他を圧倒し単独首位へ

追っている。大会折り返しで首位に立っていたアンディサリバンは「74」と苦しみ、8人が並ぶ通算6アンダーの5位タイにつけている。 「これ以上ないというスタートで、あれで団子状態だったリーダーボードを
2015/12/06ヨーロピアンツアー公式

サンシティでレイシュマンが首位に浮上

。 先週優勝のチャール・シュワルツェルは3日目を「67」で回り、ディフェンディングチャンピオンのダニー・ウィレット、ビクトル・デュビッソン、そしてアンディサリバンと並ぶ通算4アンダーの11位タイで最終日を…
2016/10/22ヨーロピアンツアー公式

サリバンがポルトガルで首位タイに急浮上

「ポルトガルマスターズ」は2日目のビクトリアGCを見事「61」でラウンドしたディフェンディングチャンピオンのアンディサリバンが首位タイで週末を迎える展開となった。 昨年4日間を通算23アンダーで
2016/01/17ヨーロピアンツアー公式

マレーシアでの2日目を終え欧州チームの優位は変わらず

と組んで第1試合に臨み、アン・ビョンフンとトンチャイ・ジェイディーのペアを3&2で下した。 2日連続でペアを組んだシェーン・ローリーとアンディサリバンは、3&2で片山晋呉とプラヤド・マークセンを下し
2016/01/23ヨーロピアンツアー公式

サリバンがアブダビで暫定首位に浮上

「アブダビHSBCゴルフ選手権」は金曜のラウンドを終えたアンディサリバンが1打差の首位に立った。彼がそのままの順位で第3ラウンドの開始を迎えられるかどうかは、土曜の朝に再開される第2ラウンドの結末
2015/01/10ヨーロピアンツアー公式

サリバンがイニシアチブを掌握

「南アフリカオープン選手権」は2日目を終え、イングランドのアンディサリバンがヨーロピアンツアー初優勝へ向け首位の座を維持したが、その真後ろには地元のメジャー王者が忍び寄っている。 グレンダワーGC
2017/01/31ヨーロピアンツアー公式

オメガドバイデザートクラシックの大会アラカルト

ウィレットは、日曜の午後、2度にわたりその差を3ストロークに広げるも、アンディサリバンが最終ホールをバーディ、ラファ・カブレラベローが上がり2ホールを連続バーディとしたことにより、ウィレットは