ニュース

米国男子ドイツバンクUS選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ドイツバンクUS選手権
期間:08/31〜09/03 TPCボストン(マサチューセッツ州)

P.ミケルソンがT.ウッズとの接戦を制し、ポイントランキングでトップに!

マサチューセッツ州にあるTPCボストンで開催されている、米国男子ツアー第34戦「ドイツバンクUS選手権」の最終日。フィル・ミケルソンが混戦を抜け出し、逆転優勝を果たしている。

「主役」の2人が好勝負を見せた。単独3位からスタートし、逆転優勝を狙うミケルソンは、序盤から攻めのゴルフを展開。4つのバーディを奪う猛チャージで、前半のうちに首位に立つと、後半もスタートからバーディを奪う好発進。しかし、12番でダブルボギーを叩いて後続に詰め寄られたが、最終18番を見事にバーディで締めくくり、通算16アンダー。今季3勝目を飾るとともに、「FedEx Cup」ポイントランキングでもトップに躍り出た。

4位タイでスタートしたタイガー・ウッズは、少しずつスコアを伸ばして首位のミケルソンにプレッシャーを与え続ける。終盤14、16、そして最終18番でバーディを奪い、1打差まで迫って先にホールアウトしたが、結局2位タイでフィニッシュ。惜しくも勝利には手が届かなかったものの存在感抜群のゴルフを見せ、ポイントランキングでも4位から3位に浮上した。この他、2位タイには、首位でスタートしながら伸び悩んだブレット・ウェッタリックと、アーロン・オーバーホルザーが並んでいる。

また、ポイントランキングトップに立っていたスティーブ・ストリッカーは通算8アンダーの9位タイで、ランクは2位に後退。21位タイで最終日を迎えた今田竜二は、通算6アンダー。セルヒオ・ガルシア(スペイン)らとともに17位タイで大会を終え、ポイントランキングは58位から54位に上昇。ランク上位70名に与えられるプレーオフ第3戦「BMW選手権」への出場権を獲得した。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ドイツバンクUS選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。