ニュース

米国男子ジェネシス招待の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ジェネシス招待
期間:02/18〜02/21 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

2021年 ジェネシス招待
期間:02/18〜02/21 場所:リビエラCC(カリフォルニア州)

ダスティン・ジョンソンが2位浮上 松山英樹は予選落ち

◇米国男子◇ジェネシス招待 2日目(19日)◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

強豪ぞろいのフィールドでツアー未勝利のサム・バーンズが単独首位をキープして折り返した。ボギーなしの5バーディでこの日もベストタイ「66」をマーク。通算12アンダーで後続との差を5打に広げた。

<< 下に続く >>

世界ランキング1位ダスティン・ジョンソンは「67」で7アンダー2位に浮上。タイラー・マクンバージェイソン・コクラックホアキン・ニーマン(チリ)と並んでバーンズを追う。

直近2週連続で最終日最終組をプレーと復調気配のジョーダン・スピースも連日の「68」で6アンダー6位と好位置につけてターン。

前年覇者のアダム・スコット(オーストラリア)はイーブンパー56位とカットライン上で通過した。

47位から出た松山英樹は2バーディ、4ボギーの「73」。ブライソン・デシャンボーらと並ぶ通算2オーバー84位で昨年10月「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」以来となる今季2度目の予選落ちを喫した。

大会3勝を誇るバッバ・ワトソンも4オーバー99位で決勝ラウンドへ進めず。7オーバー111位のロリー・マキロイ(北アイルランド)、8オーバー115位のジャスティン・トーマスと週末を前に姿を消す有力選手が相次いだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ジェネシス招待




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!