ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米オープン
期間:09/17〜09/20 場所:ウイングドフットGC(ニューヨーク州)

初出場のウルフが単独首位 松山英樹はメジャー初制覇へ5打差4位

◇メジャー第1戦◇全米オープン 3日目(19日)◇ウィングドフットGC(ニューヨーク州)◇7477yd(パー70)

イーブンパーの7位タイから出たマシュー・ウルフが6バーディ、1ボギーのベストスコア「65」をマークし、5アンダーとして単独首位に浮上した。昨年プロ入りした21歳は大会初出場。ツアー2勝目をメジャータイトルで飾るチャンスを呼び込んだ。

<< 下に続く >>

同じくメジャー初勝利を狙うブライソン・デシャンボーが2位をキープして2打差の3アンダー。2010年の「全英オープン」覇者ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)が1アンダー3位につけた。

松山英樹は7位タイから6バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「70」で回り、通算イーブンパーのままザンダー・シャウフェレハリス・イングリッシュと並ぶ4位タイに順位を上げた。終盤3ホールで3つスコアを落としながら、トップには5打差と難コースで日本男子ゴルフの悲願達成へ可能性を残した。

1オーバー7位に世界ランキング4位のロリー・マキロイ(北アイルランド)が続いた。5アンダー単独首位だったパトリック・リードは「77」と崩れ、通算3オーバーの11位タイに下がった。

日本勢は、7年ぶりにメジャーの決勝ラウンドに進出した石川遼が「74」で49位から通算10オーバーの40位に浮上。今平周吾は33位から「78」で55位に後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!