ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米オープン
期間:09/17〜09/20 場所:ウイングドフットGC(ニューヨーク州)

7年ぶりメジャーの土曜日 石川遼は「74」でも浮上

2020/09/20 10:22


◇メジャー第1戦◇全米オープン 3日目(19日)◇ウィングドフットGC(ニューヨーク州)◇7477yd(パー70)

「74」のスコアは全米オープンでなら、決して悪くない。ウィングドフットGCが舞台なら、なおさらだ。7年ぶりにメジャーで決勝ラウンドに進出した石川遼は3バーディ、7ボギーで回り、通算10オーバーに落としても順位は49位タイから40位タイに上がった。

<< 下に続く >>

フェアウェイをキープしたのは前日同様、5ホールだけ。肌寒い午前中に出だし1番から2連続ボギーで滑り出すと、少ないチャンスでバーディを奪った。4番で4mを沈め、9番(パー5)では残り243ydから2オンに成功、20m近いパットを2パットで収めた。

バックナインは2ボギーの後に難関16番で残り203ydをピンそば3mにつけて取った。続く17番のボギーは右ラフからのロブショットをミスしてグリーンをオーバーさせた後、ダブルボギーを何とか免れたものだった。

全体の2組目のスタートで、グリーン上のコンディションに恵まれたのは確か。「硬いですけど、全体の選手の中では“バサバサ感”のない芝でやれているんだろうと思う。自分たちの前に2人しかプレーしていないので、きれいなグリーンではありました」と、中継するゴルフネットワークのインタビューで答えた。

最終日も、もちろん我慢強くプレーする必要がある。「(作戦を)ほとんど何も変えることはないので、引き続き自分の取り組んでいることをやりながら。最後の一日なのであっという間なんですけど、惜しみながら…というか、一打一打をしっかりやっていきたい」と、ひとつでも多くのことを吸収するつもりだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!