ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

コリン・モリカワがメジャー初優勝 松山英樹22位

◇メジャー第1戦◇全米プロゴルフ選手権 最終日(9日)◇TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)◇7251yd(パー70)

首位と2打差の4位で出た日系米国人の23歳コリン・モリカワが1イーグル、4バーディの「64」をマーク。通算13アンダーで逆転し、メジャー初優勝を遂げた。大会初出場、メジャー出場は昨年の「全米オープン」以来の2試合目だった。ツアー通算3勝目。

<< 下に続く >>

後半14番のチップインバーディで混戦を抜け出し、16番で1オンからイーグルを奪った。昨年のプロ転向後22試合連続で予選を通過し、過去30年でタイガー・ウッズの25試合に次ぐ記録を達成。プロ6戦目の「バラクーダ選手権」で初優勝し、今年7月の「ワークデイ・チャリティオープン」で2勝目を挙げていた。

首位で出たダスティン・ジョンソンは「68」でプレーし、ポール・ケーシー(イングランド)と並ぶ通算11アンダーの2位。ジェイソン・デイ(オーストラリア)、マシュー・ウルフブライソン・デシャンボートニー・フィナウが通算10アンダーの4位に並んだ。

松山英樹は4バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「70」で回り、通算4アンダーの22位。大会3連覇を目指したブルックス・ケプカは「74」と崩れ、通算3アンダーの29位で終えた。

ウッズは通算1アンダーの37位だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!