ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

「素晴らしいディナーになる」コリン・モリカワのV争い前夜

◇メジャー第1戦◇全米プロゴルフ選手権 3日目(8日)◇TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)◇7251yd(パー70)

TPCハーディングパークの記憶は鮮明ではないが、コリン・モリカワには確かな実績がある。「大学時代を含め12回くらいはラウンドした。ただ当時を覚えているわけじゃないからプレー中、役に立っているわけではないんだ」。名門カリフォルニア大学バークレー校出身で元世界アマチュアランキング1位。「今までと同じ準備をするだけだ」と冷静にメジャータイトルをにらんでいる。

<< 下に続く >>

25位から出て7バーディ、2ボギーの「65」で回り、4位に浮上。首位ダスティン・ジョンソンと2打差につけた。難関12番から2連続ボギー。「一度はつまずいたけど、しっかり立て直すことができた」と15番から3連続バーディを奪った。16番では残り68ydのファーストカットから距離感を合わせた。「最後の4ホールで3バーディを奪ったことは最終日への準備が出てきていることを示している」とうなずいた。

プロ転向からシーズンをまたいで22試合連続予選通過という、ここ30年でタイガー・ウッズの25試合連続に次ぐ記録を残した。1カ月前の新規大会「ワークデイ・チャリティオープン」ではミュアフィールドビレッジGCで現世界ランキング1位のジャスティン・トーマスをプレーオフで破りツアー2勝目をマーク。たった1年のプロキャリアで、23歳は世界ランクを11位まで浮上させた。

前年「全米オープン」(35位)に続く2度目のメジャー出場で優勝争い。「今晩は素晴らしいディナーになるね。彼女と彼女の親友がここに住んでいるから、安心できる場所を選んでもらう。彼女とは何でも話せる関係だから」。普段と変わらない時間を過ごし、運命の最終日を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!