ニュース

米国男子USバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 USバンク選手権
期間:07/19〜07/22 ブラウンディアパークGC(ウィスコンシン州)

本命なき一戦を制したのはJ.オギルビー!

ウェスコンシン州にあるブラウンディアパークGCで開催されている、米国男子ツアー第29戦「USバンク選手権」の最終日。強豪不在の中、ジョー・オギルビーがツアー初優勝を飾った。

通算11アンダーの2位タイでスタートしたオギルビーは、この日15番まで3バーディ、3ボギー。他の選手たちと同様スコアメイクに苦しんだが、16番パー4の第2打を直接カップに叩き込むイーグルを決めると、最終18番もバーディでフィニッシュ。終わってみれば通算14アンダー、2位に4打差をつける見事な勝利となった。オギルビーは、下部ツアーのネイションワイドツアーで4勝を挙げていたが、ようやく念願のレギュラーツアー1勝目を手にした。

3日間安定したゴルフを展開し、単独首位で最終日を迎えたティム・ヘロンは、2バーディ、4ボギーと崩れ、通算10アンダーの2位タイ。同じく2位タイには、1番でいきなりダブルボギーを叩きながらも、16番から3連続バーディを奪って巻き返したチャーリー・ウィ(韓国)と、最終日に伸び悩んだティム・クラークが(南アフリカ)入っている。

また、25位タイでスタートした日本の今田竜二は、2バーディ、4ボギーと最終日もスコアを伸ばせず、37位タイに順位を落とし、丸山大輔は前日と同じ4オーバー、66位タイのまま大会を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 USバンク選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。