ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/07〜02/10 ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

2日目の首位に立ったのはT.ヘロン!丸山大輔は53位タイに後退!

カリフォルニア州のペブルビーチGL他で開催されている2008年度の米国男子ツアー第6戦「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」の2日目。ティム・ヘロンが安定したゴルフを展開し、単独首位に立っている。

5位タイからスタートしたヘロンは、この日ポピーヒルズコースをラウンド。インの前半、途中ボギーを1つ叩いたが、スタートと締めくくりでバーディを奪い、後半へと向かう。アウトの後半は6番、そして最終9番でバーディを奪い通算7アンダー。2日間、異なるコースで安定感のあるゴルフを披露し、単独首位に躍り出た。

2週連続優勝を狙うJ.B.ホームスは、5位タイからスタート。前半上がり2ホールで連続ボギー叩き、スコアを落としたが、後半盛り返して通算6アンダー。勢いのあるところを見せ、2位タイに浮上。マイケル・アレンらと並び、3日目に臨む。

通算5アンダー、6位タイには、ジェイ・ウィリアムソン、マーク・ウィルソンら6人が並び、そこから1打差の通算4アンダーには、首位でスタートしたケント・ジョーンズ、そして、ビジェイ・シン(フィジー)ら10人が並び2日目を終えている。また、ジャスティン・レナードはスコアを1つ落とし通算1アンダーとしたが、順位は22位タイに上げている。丸山大輔は通算1アンダーの53位タイ。大会連覇を狙うフィル・ミケルソンもこれに並んでいる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。