ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ケプカが今季メジャー2勝目 ウッズは9年ぶり2位 松山35位

◇メジャー最終戦◇全米プロゴルフ選手権 最終日(12日)◇ベルリーブCC(ミズーリ州)◇7316yd(パー70)

2打差の首位で出たブルックス・ケプカが6バーディ、2ボギーの「66」で回り、通算16アンダーとして優勝した。6月の「全米オープン」に続く今季メジャー2勝目。メジャー通算3勝目、米ツアー通算4勝目となった。

年間メジャー2勝は2015年のジョーダン・スピース以来(マスターズ、全米オープン)。「全米オープン」と「全米プロゴルフ選手権」の2大会を同じ年に制したのは、2000年のタイガー・ウッズ以来で史上5人目。

2打差の通算14アンダー2位にウッズ。4打差6位で出たウッズは8バーディ、2ボギーの「64」をマークし、2009年大会以来、9年ぶりにメジャーでトップ2に入った。

アダム・スコット(オーストラリア)が通算13アンダーの3位。ジョン・ラーム(スペイン)とスチュワート・シンクが通算11アンダーの4位。前年覇者のジャスティン・トーマスは通算10アンダーの6位で、「全英オープン」覇者のフランチェスコ・モリナリ(イタリア)らと並んだ。

松山英樹は1イーグル6バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「66」で回り、通算4アンダーの35位。小平智は通算イーブンパーの59位、池田勇太は通算1オーバーの65位で終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。