ニュース

米国男子ツアー選手権byコカ・コーラの最新ゴルフニュースをお届け

トーマス逆転年間王者へ奪首 松山英樹は26位

◇米国男子プレーオフ最終戦◇ツアー選手権 2日目(22日)◇イーストレイクGC(ジョージア州)◇7385yd(パー70)

フェデックスカップポイントランキングで2位につけるジャスティン・トーマスが「66」をマーク。通算7アンダーとしてポール・ケーシー(イングランド)、ウェブ・シンプソンと並んで首位に立った。

トーマスは、ポイントランク1位に君臨する盟友ジョーダン・スピースと2日間同じ組でプレー。最終18番(パー5)で残り229ydの第2打をピンそば1.5mにつけてイーグルフィニッシュを決めた。8月にメジャー初制覇を遂げた「全米プロゴルフ選手権」をはじめ、イーストレイクGCのラフとグリーンを作るバミューダ芝のコースがめっぽう得意。「きのう、キャディに『こんなに長いバミューダのラフは(全米プロの)クエイルホロークラブしか知らない』って言ったんだ。まずはフェアウェイキープが大切」という。

ランク5位までの選手は今大会で優勝すると、自力での年間王者が決定し、1000万ドル(約11億円)のボーナスを獲得する。スピースはこの日「70」で通算3アンダー15位タイに後退した。大きなチャンスが巡ってきたトーマスは「今週やるべきことに集中するだけだよ。グリーンのスピードが例年より遅い。しっかり対応しないと」と淡々と今季6勝目を見据えた。

トップの3人に1打差の4位タイにジャスティン・ローズ(イングランド)、パトリック・リードゲーリー・ウッドランド、こちらも優勝が年間チャンピオンの称号に直結するランキング5位のジョン・ラーム(スペイン)がつけた。初日単独首位スタートを切ったカイル・スタンリーは3アンダー15位タイに順位を下げた。

30人の出場選手のうち、初日29位と出遅れた松山英樹は4バーディ、2ボギー「68」で回り、通算3オーバーの26位で大会を折り返した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 ツアー選手権byコカ・コーラ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。