ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 マスターズ
期間:04/06〜04/09 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

ガルシア、ローズ首位 スピース2打差にじわり、松山英樹は28位

◇メジャー第1戦◇マスターズ 3日目(8日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

セルヒオ・ガルシア(スペイン)とジャスティン・ローズ(イングランド)が通算6アンダーの首位に並んだ。欧米ツアーで20勝以上のガルシアは悲願のメジャー初タイトル、昨年「リオデジャネイロ五輪」で金メダルのローズは2013年「全米オープン」以来となるメジャー2勝目がかかる。

カップに収まることを確信したガルシアは、ボールが消える前にガッツポーズを作った。首位スタートの重圧をはねのけ、最終18番で2mのパーパットをきっちり沈めて「70」。大歓声を浴びてホールアウトし、婚約者のアンジェラ・エイキンスさんとキスを交わした。

キャリア73試合目のメジャー大会で、待望の瞬間は迫っている。「いまの気持ちを表現するのは、簡単なことじゃない。試合に勝つチャンスがあるときはいつも興奮する。メジャーとなればそれ以上。ここは、オーガスタなんだ。特別な気持ちだ」。“神の子”と呼ばれたガルシアは、当時から20年近く経ち、37歳になった。「とにかく落ち着いて、自分のできることだけをやりたい」と、静かに闘志を燃やした。

首位の2人に1打差の通算5アンダー3位につけるのが世界ランク8位のリッキー・ファウラー。「68」をマークした2015年大会覇者のジョーダン・スピースライアン・ムーアチャーリー・ホフマンが通算4アンダーの4位で並んだ。13年覇者のアダム・スコット(オーストラリア)が3アンダー7位となった。

キャリアグランドスラム(4大メジャー全制覇)のかかるロリー・マキロイ(北アイルランド)は通算イーブンパー11位で最終日を迎える。

16位から出た松山英樹は1イーグル1バーディ、3ボギー1ダブルボギー「74」とスコアを落とし、通算4オーバー28位に後退した。

<主な上位成績>
1T/-6/ジャスティン・ローズセルヒオ・ガルシア
3/-5/リッキー・ファウラー
4T/-4/ジョーダン・スピースライアン・ムーアチャーリー・ホフマン
7/-3/アダム・スコット
28T/+4/松山英樹

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!