ニュース

米国男子キャリアビルダーチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

ミケルソンが4打差6位に浮上 石川遼は31位

◇米国男子◇キャリアビルダーチャレンジ 2日目◇PGAウエスト TPCスタジアムコース 7113yd、PGAウエスト ニクラス・トーナメントコース 7159yd、ラ・キンタCC 7060yd(すべてパー72、カリフォルニア州)

初日のラ・キンタCC、この日のニクラス・トーナメントコースと連日で「65」をマークしたハドソン・スワッフォードが通算14アンダーで単独首位に立った。1打差の2位にドミニク・ボツェリダニー・リー(ニュージーランド)が続いた。

ブレンダン・スティールブライアン・ハーマンが通算12アンダーで4位タイ。大会アンバサダーとして2017年の自身初戦を戦うフィル・ミケルソンが、19位から「66」で回り、通算10アンダーの6位タイにつけた。

3アンダーの34位タイからニクラス・トーナメントコースを回った石川遼は5バーディ、2ボギーの「69」。通算6アンダーの31位に順位を上げた。3日目はTPCスタジアムコースをプレーする。

大会は全選手が3日間で3コースを回り、54ホールのスコアで予選通過を決定。進出者による18ホールの決勝ラウンドは22日(日)の最終日に、TPCスタジアムコースで行う。

関連リンク

2017年 キャリアビルダーチャレンジ




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~