ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

谷原秀人10位、松山英樹は16位 トーマス7打差トップで2連勝王手

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 3日目(14日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

首位から出たジャスティン・トーマスが5バーディ、ボギーなしの「65」でプレーして通算22アンダーまで伸ばした。後続との差を7打にし、前週「SBSトーナメントofチャンピオンズ」に続く2連勝、今シーズン3勝目に王手をかけた。

3日目を終えての「188」ストローク(59-64-65)は、米国PGAツアーにおける54ホールの最少ストロークタイ。2010年「ジョンディア・クラシック」でマークしたスティーブ・ストリッカー(60-66-62/パー71)の記録に並んだ。

トーマスは初日に「59」をマークし、ツアー史上7人目(8例目)となる18ホール50台を記録。2日目を終えて36ホールのツアー最少ストローク「123」を樹立するなど、歴史に名前を刻む圧巻のラウンドを続けている。

通算15アンダーの2位に、今大会の09年優勝者のザック・ジョンソン、3位にジャスティン・ローズ(イングランド)、ゲーリー・ウッドランドハドソン・スワッフォードの3選手が続いた。ジョーダン・スピースが9位。

「67」で回った谷原秀人は通算11アンダー10位。松山英樹は6バーディ、1ボギー1ダブルボギー「67」でプレーして通算10アンダー16位となった。

6位から出た小平智は「70」と伸ばせず、通算9アンダー28位に後退した。

関連リンク

2017年 ソニーオープンinハワイ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~