ニュース

米国男子SBSトーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 SBSトーナメントofチャンピオンズ
期間:01/05〜01/08 プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

松山英樹は今季2勝目ならず トーマスが3差で逃げ切り

◇米国男子◇SBSトーナメントofチャンピオンズ 最終日(8日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7452yd(パー73)

首位に2打差の16アンダーから出た松山英樹は1イーグル、4バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算19アンダーで2位に終わった。10月の世界選手権「WGC HSBCチャンピオンズ」以来となるツアー優勝はならず、3打差で逃げ切ったジャスティン・トーマスに2016―17年シーズンの2勝目を譲った。

昨年のツアートーナメント優勝者から32人が出場したエリート大会。松山は前半9ホールで2バーディ、2ボギーとスコアを伸ばせず、首位に5打差でハーフターンした。後半14番でラフから残り20ydの2打目を直接沈めるチップインイーグルを決めて3打差に詰め寄り、トーマスがダブルボギーを叩いた15番(パー5)で1打差に迫った。

しかし3パットボギーを叩いた17番で、トーマスがバーディを決めて差は再び3打にひろがった。松山は米ツアー通算4勝目を逃し、丸山茂樹と自身が持つ日本人最多勝利の更新はお預け。ホールアウト後のインタビューで「悪い部分も良いところもあって、そんなに落ち込んではいない。12番、13番としっかりパーセーブしたのが(14番の)イーグルにつながった。けれど、15番からのパッティングでは、自分の中で(グリーンに)合わない部分が出たかもしれない」と話した。年間の獲得ポイントを争うフェデックスカップレースでは、トップをキープしている。

通算22アンダーで終えたトーマスは昨年10月にマレーシアで開催された「CIMBクラシック」以来となる今季2勝目、ツアー通算3勝目を飾った。

ジョーダン・スピースが8アンダー16位タイから8バーディ「65」をマークし、パット・ペレスライアン・ムーアと並んで通算16アンダーの3位タイでフィニッシュした。約3カ月ぶりに戦列に復帰した世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)は13アンダー12位タイだった。

松山英樹の直近6試合の戦績>
2016年10月/日本オープン優勝
10月/CIMBクラシック2位(優勝はJ.トーマス
10月/WGC HSBCチャンピオンズ優勝
11月/三井住友VISS太平洋マスターズ優勝
12月/ヒーローワールドチャレンジ優勝 ※ツアー外競技
2017年1月/SBSトーナメントofチャンピオンズ2位(優勝はJ.トーマス

関連リンク

2017年 SBSトーナメントofチャンピオンズ




特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~