ニュース

米国男子WGC HSBCチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が単独首位浮上 7打伸ばし後続に3打差

◇世界ゴルフ選手権◇WGC HSBCチャンピオンズ 2日目(28日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7266yd(パー72)

世界の強豪が集うエリートフィールドで、松山英樹がリーダーボードのトップに躍り出た。2打差の3位から出た2日目を9バーディ、2ボギーの「65」をマークし、通算13アンダーの単独首位に浮上した。後続に3打のリードをつけて、日本勢として初めての世界ゴルフ選手権(WGC)制覇に向けて前進した。

<< 下に続く >>

フェアウェイキープに苦しみながらも、この日グリーンを外したのはわずかに2回。初日から引き続き好調なパットともかみ合い、連日のバーディ量産(2日間で19個)につなげた。単独2位とした自身の今季初戦の前週「CIMBクラシック」初日から6ラウンド連続で、60台でプレーしており、平均ストロークは「66.5」を記録。今週もロースコアの展開を引っ張っている。

通算10アンダーの2位に、前年覇者のラッセル・ノックス(スコットランド)とビル・ハース。通算8アンダーの4位に、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)、リチャード・ブランド(イングランド)、ダニエル・バーガーの3人が続いた。24位から出た今季初戦のロリー・マキロイ(北アイルランド)は「66」と伸ばし、通算7アンダーの7位タイにジャンプアップした。

48位から出た谷原秀人は2バーディ、3ボギーの「73」とし、通算2オーバーの43位で3日目を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 WGC HSBCチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権コース攻略
全米プロゴルフ選手権が20日に開幕。マスターズチャンピオンの松山英樹が4大大会2勝目に挑む。日本からは星野陸也も参戦

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!