ニュース

米国男子クイッケンローンズ・ナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 クイッケンローンズ・ナショナル
期間:06/23〜06/26 コングレッショナルCC(ブルーコース)(メリーランド州)

プロ11年目 ハーレーIIIが“地元”でツアー初勝利

◇米国男子◇クイッケンローンズ・ナショナル 最終日◇コングレッショナルCC(メリーランド州)◇7569yd(パー71)

15アンダーの単独首位から出たビリー・ハーレーIIIが「69」で回り、通算17アンダーとしてプロ11年目にしてツアー初優勝を飾った。

2打差のリードを持ってスタートし、12番までに2バーディ、2ボギー。後続に迫られた終盤にビッグプレーが生まれた。15番で手前の花道からウェッジでチップインバーディを決めてガッツポーズ。続く16番(パー5)では8mのバーディパットを沈めて逃げ切った。

コースのあるワシントンD.C.エリアで育ったバージニア州出身の34歳。馴染みのある土地で悲願を達成し、大会ホストであるタイガー・ウッズから祝福された。

通算14アンダーの2位に53歳のビジェイ・シン(フィジー)。前週の「全米オープン」でローアマチュアとなり、今大会でプロデビューを果たしたホン・ラーム(スペイン)が、ビル・ハースと並んで通算13アンダーの3位タイに入った。2位から出たアーニー・エルス(南アフリカ)は「72」で通算12アンダーの5位に終わった。

今大会で12位までに入った、有資格者を除く上位4選手が7月の「全英オープン」の出場権を獲得。ハーレーIII、シン、ラーム、通算9アンダー7位に入ったハロルド・バーナーIIIがメジャー第3戦のチケットをつかんだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 クイッケンローンズ・ナショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。