ニュース

米国男子 ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が8位発進 岩田寛15位、石川遼は乱調のスタート

2016年 ファーマーズインシュランスオープン 初日 松山英樹
首位と2打差の8位で好スタートを切った松山英樹【拡大写真】

◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン 初日◇トーレパインズGC(カリフォルニア州)◇サウスコース(7698yd/パー72)、ノースコース(7052yd/パー72)

サウスとノースの2コースで行われる予選ラウンドの初日。ノースコースをプレーした松山英樹は6バーディ、2ボギーの「68」とし、首位と2打差の4アンダー8位スタートを切った。リーダーボード上位の多くを占めたノース組で手堅く貯金を作り、2日目は難度が高いサウスコースをプレーする。

6アンダーで首位に立ったのは、サウスコースで「66」をマークしたスコット・ブラウンと、ノースコースを回り最終18番(パー5)をイーグルで締めたアンドリュー・ループ。さらに1打差の3位に、いずれもノースコースをプレーしたビリー・ホーシェル、パットン・キジール、トム・ホジーロブ・オッペンハイムハロルド・バーナーIIIの5人が続いた。

石川遼岩田寛もノースコースからのスタート。岩田は5バーディ、2ボギー「69」でプレーして3アンダー15位発進とした一方、石川は4バーディ、3ボギー、4ダブルボギー「79」と落とし、7オーバーの152位と出遅れた。イーブンで折り返した後半インで、11番から3連続ダブルボギーを叩く乱調が響いた。

前年覇者のジェイソン・デイ(オーストラリア)は「72」のイーブンパー76位とし、ノースコースで静かな滑り出し。前週の欧州ツアー「アブダビHSBCゴルフ選手権」を制したリッキー・ファウラーもノースコースで「73」と、1オーバー90位の出遅れとなった。


特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~