ニュース

米国男子クイッケンローンズ・ナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2015年 クイッケンローンズ・ナショナル
期間:07/30〜08/02 場所:ロバートトレントジョーンズGC(ヴァージニア州)

石川遼、3打差追い最終日へ 「61」のメリットら首位

◇米国男子◇クイッケンローンズ・ナショナル 3日目◇ロバートトレントジョーンズGC(バージニア州)◇7385yd(パー71)

単独首位から出た石川遼は3バーディ、3ボギーの「71」でプレーし、通算11アンダーとして、8位タイで3日目を終えた。首位の座は譲ったが、3打差を追い、米国ツアー初優勝をかけて最終日の戦いに臨む。

11バーディ、1ボギーで回り「61」のビッグスコアをたたき出したトロイ・メリットと、ケビン・チャッペルが通算14アンダーとし、首位に立った。

石川は最終組でスタートし、1番で4mを沈めてバーディ。3番をボギーとしたが、パー5の5番でバンカーからの3打目をピンそば50cmに寄せて、バーディを取り返した。7番でも3mのフックラインを決めてバーディとした。

後半に入ると、10番で2打目がグリーン手前のバンカーにつかまり、寄らず入らずのボギーをたたいた。ティショットを右に曲げた13番でも1m強のパーパットを外し、ボギーを喫した。その後はパーを並べた。

石川はテレビインタビューで「終始緊張した。トータルで15アンダーを目指して頑張りたい」と語った。

通算13アンダーの3位に、石川と同組でプレーしたリッキー・ファウラー。石川を含め、首位から3打差以内に11人がひしめいている。

5位から出たタイガー・ウッズは3つスコアを落とし、通算5アンダーの42位となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 クイッケンローンズ・ナショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!