ニュース

米国男子RBCヘリテージの最新ゴルフニュースをお届け

RBCヘリテージ
期間:04/16~04/19  場所: ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)

「61」のメリットが単独首位 スピースが急浮上 石川遼は48位

2015年 RBCヘリテージ 2日目 トロイ・メリット
ツアー初優勝に向け、2位に4打差をつけて大会を折り返すトロイ・メリット(Streeter Lecka/Getty Images)【拡大写真】
順位 選手名 通算 合計
1 T.メリット -12 130
2 M.クーチャー -8 134
2 J.メリック -8 134
4 G.マクドウェル -7 135
4 K.キズナー -7 135
4 J.フューリック -7 135
7 M.エブリー -6 136
7 M.ホフマン -6 136
7 L.ウーストハイゼン -6 136
7 K.ストリールマン -6 136

スコア詳細を見る

◇米国男子◇RBCヘリテージ 2日目◇ハーバータウンGL(サウスカロライナ州)◇7101yd(パー71)

前日までの強風がやんだコンディションは、初日「72.06」、2日目「69.64」という平均スコアに直結した。上位陣はバーディ合戦を展開。コースレコードタイとなる「61」を叩き出したツアー未勝利のトロイ・メリットが通算12アンダーの単独首位に立った。

下部ウェブドットコムツアー等を渡り歩き、レギュラーツアー参戦2年目のメリットは、15番からの上がり4連続を含む10バーディ、ノーボギーをマークした。「ショットもパットも、特にテンポが抜群に良かった」と自画自賛したが「僕はアマチュア時代にたくさん勝ったけれど、いまは世界のベストプレーヤーたちが相手。後ろには歴代王者たちが並んでいる。まだ36ホール終わっただけ。楽しみたい」と油断しなかった。

トップから4打差の通算8アンダー2位にジョン・メリックと大会連覇を狙うマット・クーチャー。7アンダー4位に一昨年大会を制したグレーム・マクドウェル(北アイルランド)と2010年の王者ジム・フューリック、ケビン・キスナーが並んだ。

前週の「マスターズ」でメジャー初優勝を飾ったジョーダン・スピースが3オーバーの93位からスタートして9バーディ、ノーボギーの「62」をマーク。通算6アンダーとして7位に急浮上した。

イーブンパーの36位から出た石川遼は1イーグル、2バーディ、3ボギーの「70」と、伸ばしたスコアは1つにとどまり、通算1アンダーの48位で決勝ラウンドに進んだ。

65歳のトム・ワトソンが最終18番でバーディを決め「70」として通算イーブンパーで予選通過を果たしている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~